メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

管理者アカウントの管理

ここではPhoenix管理者の種類とその管理範囲、Phoenix管理者の管理方法について説明します。

管理者の種類

管理者の種類 説明
クラウド管理者

クラウド管理者はPhoenix環境の設定、管理、監視などの操作を実行できます。クラウド管理者は他のクラウド管理者およびグループ管理者を作成できます。クラウド管理者のみが他の管理者を管理できます。

グローバルダッシュボードにアクセスするため、クラウド管理者は以下の操作を行えます。

  • Phoenixロゴ   をクリックします。または
  • メニューバーでAll Organizationsをクリックします。
組織管理者

組織管理者はクラウド管理者によって割り当てられた1つ以上の組織を管理できます。組織管理者は割り当てられた組織のグループ管理者を作成および管理できます。

Note:  組織管理者は、すべての組織の統合ページにアクセスすることはできません。

組織ダッシュボードにアクセスするため、組織管理者は以下の操作を行えます。

  • Phoenixロゴ   をクリックします。組織管理者が自分の名前で複数組織を登録している場合、最初の組織が表示されます。または、
  • メニューバーの All Organization ドロップダウンリストから組織を選択します。
グループ管理者

グループ管理者は関連付けられているサーバーグループに制限されたアクセスが行えます。サーバーグループの編集、バックアップポリシーの割当解除と割当、サーバーグループに属するサーバーの管理など、サーバーグループ関連の操作に必要な権限を持ちます。グループ管理者に関連付けられたサーバーグループは、クラウド管理者のみが変更できます。

Note: 1人のグループ管理者を複数のサーバーグループを管理するよう割り当てることができます。同様に、1つのサーバーグループに複数のグループ管理者を割り当てることもできます。

Note: グループ管理者は、関連付けられたサーバーグループのアラート通知を受信します。

管理者アカウントの作成と管理

本項ではPhoenix管理者の種類に関する情報を提供します。Phoenix管理者に関する詳細は主な概念と用語を参照してください。

クラウド管理者の作成

クラウド管理者はPhoenixの設定、管理、監視などの操作を実行できます。クラウド管理者は他のクラウド管理者、組織管理者、グループ管理者を作成することもできます。クラウド管理者、は他のクラウド管理者を作成することができます。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーの組織ドロップダウンリストからAll Organizationsを選択します。

    NoteAll Organizationsでのみクラウド管理者を作成することができます。

  3. メニューバーでAdministratorsをクリックします。
  4. Create Administratorをクリックします。 
  5. 以下の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Display name 管理者の名前です。
    Email address 管理者のメールアドレスです。
    Role

    管理者のロールです。Cloud Administratorを選択します。

  6. Okをクリックします。

Note: アラートまたはレポートのサブスクリプションを登録した管理者ではないユーザーがクラウド管理者に追加されると、以下のメッセージが表示されます。

"This email ID is already subscribed for alert(s)/report(s) as a non-administrator. Adding user as Phoenix Administrator will remove any existing non-administrator subscriptions."

(「このメールIDは管理者ではないですが、アラートまたはレポートを購読する設定があります。ユーザーをPhoenix管理者として追加すると、管理者以外としての購読はすべて削除されます。」)

組織管理者の作成

組織管理者はクラウド管理者が割り当てた1つ以上の組織を管理できます。組織管理者は割り当てられた組織のグループ管理者を作成および管理できます。

Note:  クラウド管理者のみが組織管理者を作成することができます。組織管理者はすべての組織の統合ページにアクセスすることはできません。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーの組織ドロップダウンリストからAll Organizationsを選択します。
  3. メニューバーでAdministratorsをクリックします。
  4. Create Administratorをクリックします。 
  5. 以下の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Display name 管理者の名前です。
    Email address 管理者のメールアドレスです。
    Role

    ドロップダウンリストからOrganization Administratorを選択します。

    Organizations

    組織管理者が管理できる組織です。フィールドをクリックして、組織管理者が管理する組織を選択します。

  6. OKをクリックします。

Note: アラートまたはレポートのサブスクリプションを登録した管理者ではないユーザーが組織管理者に追加されると、以下のメッセージが表示されます。

"This email ID is already subscribed for alert(s)/report(s) as a non-administrator. Adding user as Phoenix Administrator will remove any existing non-administrator subscriptions."

(「このメールIDは管理者ではないですが、アラートまたはレポートを購読する設定があります。ユーザーをPhoenix管理者として追加すると、管理者以外としての購読はすべて削除されます。」)

グループ管理者の作成

グループ管理者は関連付けられたサーバーグループにアクセスが制限されます。サーバーグループの編集、バックアップポリシーの割当解除と割当、サーバーグループに属するサーバーの管理などに必要な権限を持ちます。

Note: クラウド管理者は、グループ管理者を作成して、そのグループ管理者に複数のサーバーグループを割り当てることができます。他のグループ管理者がすでに割り当てられているサーバーグループに、別のグループ管理者を割り当てることもできます。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーでAll Organizationsをクリックし、ドロップダウンリストから設定する組織を選択します。
  3. メニューバーでManage > Administratorsをクリックします。
  4. Create Group Administratorをクリックします。
  5. 以下の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Display name 管理者の名前です。
    Email address 管理者のメールアドレスです。
    Role

    管理者のロールです。Group Administratorを選択します。

    Groups

    このグループ管理者に割り当てるサーバーグループです。フィールドをクリックしてリストからサーバーグループを選択します。

  6. Okをクリックします。

Note: アラートまたはレポートのサブスクリプションを登録した管理者ではないユーザーがグループ管理者に追加されると、以下のメッセージが表示されます。

"This email ID is already subscribed for alert(s)/report(s) as a non-administrator. Adding user as Phoenix Administrator will remove any existing non-administrator subscriptions."

(「このメールIDは管理者ではないですが、アラートまたはレポートを購読する設定があります。ユーザーをPhoenix管理者として追加すると、管理者以外としての購読はすべて削除されます。」)

パスワードポリシーの設定

クラウド管理者は、すべての管理者アカウントに対してパスワードポリシーを設定することができます。

パスワードポリシーの設定時に、以下を選択できます。

  • 強力なパスワードの強制
  • 新しく設定するパスワードが固有となるような過去のパスワードの利用制限回数の設定
  • 許容する最大のログイン試行失敗回数の設定
  • 管理者パスワードの有効期限日数の設定

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーの組織ドロップダウンリストからAll Organizationsを選択します。
  3. メニューバーでSettingsをクリックします。
  4. Password PolicyEditをクリックします。
  5. Enable Password Policyを選択します。
  6. 以下の情報を入力します。 
    フィールド 説明
    Enforce Strong Password 強力なパスワードを強制するオプションです。
    Cannot reset password to last

    新しく設定するパスワードが固有となるような過去のパスワードの利用制限回数です。

    Note: デフォルトの値は3です。

    Max. invalid login attempts

    許容する最大のログイン試行失敗回数です。

    Note: ログイン試行回数がこの値に達した場合、Phoenixは管理者アカウントを1時間ロックします。

    Passwords expire after every

    管理者パスワードの有効期限日数です。

    Note: このフィールドを0に設定すると、パスワードは常に有効になります。

  7. Saveをクリックします。

Note: SSOが有効でフェイルセーフが無効の場合、パスワードポリシーオプションは無効になります。Editボタンも無効になり、次のメッセージが表示されます。

サーバーグループの追加または削除

クラウド管理者は、グループ管理者に関連付けられたサーバーグループを追加または削除することができます。これらグループ管理者は、サーバーグループの編集、バックアップポリシーの割当解除と割当、新しく割り当てたサーバーグループのサーバーの管理などのタスクを実行できます。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーでAll Organizationsをクリックし、ドロップダウンリストから設定する組織を選択します。
  3. メニューバーでManage > Administratorsをクリックします。
  4. サーバーグループの変更を行いたいグループ管理者をクリックします。
  5. Groups ManagedManage Groupsをクリックします。 
  6. サーバーグループを削除するにはサーバーグループの隣にある削除アイコン () をクリックします。
  7. Okをクリックします。

管理者情報の変更

クラウド管理者は管理者の情報を変更することができます。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーでAll Organizationsをクリックし、ドロップダウンリストから設定する組織を選択します。
  3. メニューバーでManage > Administratorsをクリックします。
  4. 情報を変更したい管理者をクリックします。
  5. Editをクリックします。
  6. 以下の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Display name 管理者の名前です。
    Country  管理者が存在する国です。
    Select time zone 管理者が存在する国のタイムゾーンです。 
    Note: タイムゾーンにより以下が決定されます。
    • 管理者が受信するレポートのタイムスタンプ
    • 管理者が表示するジョブのタイムスタンプ
  7. Saveをクリックします。

管理者アカウントの削除

クラウド管理者は他のクラウド管理者やグループ管理者を削除することができます。

Note: Phoenixは削除した操作の通知を送信しません。削除されたアカウントの管理者への通知について考慮する必要があります。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーでAll Organizationsをクリックし、ドロップダウンリストから設定する組織を選択します。
  3. メニューバーでManage > Administratorsをクリックします。
  4. 削除したい管理者を選択し、Deleteをクリックします。

管理者パスワードのリセット

クラウド管理者は、他のクラウド管理者やグループ管理者のパスワードをリセットできます。管理者のパスワードをリセットすると、Phoenixは管理者に新しいパスワードを含む電子メールを送信します。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーでAll Organizationsをクリックし、ドロップダウンリストから設定する組織を選択します。
  3. メニューバーでManage > Administratorsをクリックします。
  4. パスワードをリセットする管理者をクリックします。
  5. Reset Passwordをクリックします。

管理者の管理範囲

以下の表に管理者の管理範囲をまとめます。

管理項目

クラウド管理者

組織管理者

グループ管理者

 
ダッシュボードページからのPhoenix監視

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

レポートの管理 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

 
Phoenix設定用の追加ストレージのリクエスト

yes.png

yes.png yes.png
 
バックアップポリシーの表示

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
バックアップポリシーの作成 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
バックアップポリシーのコピーの作成

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
既存バックアップポリシーの変更

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

バックアップポリシーの削除

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
 
保存ポリシーの閲覧

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
保存ポリシーの作成

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
既存保存ポリシーの変更

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

保存ポリシーの削除

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
 
サーバーグループの作成

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
バックアップポリシーの割当解除と割当

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

サーバーグループに割り当てられたサーバーの管理

yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

 
サーバーの登録 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

サーバーの構成 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

サーバーの再構成 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

サーバーの有効化と無効化 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

サーバーのバックアップとリストア yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

スナップショットの削除 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

サーバーの削除 yes.png
 

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

 
トークンリストの表示 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
アクティベーショントークンの削除 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
 
管理者の作成 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
管理者情報の変更 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
グループ管理者に関連付けられたサーバーグループの追加または削除 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
パスワードポリシーの設定 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
管理者パスワードのリセット yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
管理者の削除 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
 
Phoenix CloucCacheの追加、インスト―、アクティベート yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png
Phoenix CloudCacheの設定 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

サーバーグループのマッピングと管理 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

Phoenix CloudCache情報の更新 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png

(関連付けられたサーバーグループのみ)

Phoenix CloudCacheの廃止 yes.png

yes.png

(関連付けられた組織のみ)

yes.png​​
All Organizations (すべての組織)
組織の作成 yes.png yes.png yes.png
組織管理者の作成 yes.png yes.png yes.png
組織管理者の組織への割当 yes.png yes.png yes.png
すべての組織へのアクセス yes.png yes.png yes.png
ストレージ使用量の統合 yes.png yes.png yes.png

管理者アカウントの管理

このセクションでは管理者情報やパスワードを変更する方法を示します。

アカウント情報の変更

ここではアカウント情報を変更する手順を説明します。

手順 

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーの右上の角にある  > My Account をクリックします。 
  3. Editをクリックします。
  4. Edit Administrator画面で以下の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Display name 変更したい表示名を入力します。
    Country 適切な国をクリックします。
    Select time zone タイムスタンプとして使用したいタイムゾーンをクリックします。
    Note: タイムゾーンにより以下が決定されます。
    • 管理者が受信するレポートのタイムスタンプ
    • 管理者が表示するジョブのタイムスタンプ
  5. Saveをクリックします。

パスワードの変更

以下の場合、パスワードを変更する必要があります。

  • パスワードがリセットされた場合
  • Phoenix環境のパスワードポリシーでパスワード更新頻度が変更された場合

パスワード変更のベストプラクティス 

パスワードを更新する際には、以下のベストプラクティスに従うことが推奨されます。

  • パスワードは英数字とします。
  • パスワードは辞書に記載されているような単語にしないようにします。
  • パスワードに連続する数字やアルファベットの文字列を含めないようにします。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. メニューバーの右上の角にある  > My Account をクリックします。 
  3. Change Passwordをクリックします。
  4. 新規パスワードを設定し、Okをクリックします。

 

  • この記事は役に立ちましたか?