メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Phoenix AWSプロキシ設定の簡易手順

Phoenix AWSプロキシは、Phoenixサービスを実行する EC2 (Elastic Compute Cloud) インスタンスです。DRプランで指定された頻度でPhoenixバックアップストレージからAWSアカウントにデータをコピーしてAMIコピーを作成しますPhoenix AWSプロキシはAWSアカウント内で動作します。Phoenixは、仮想マシン用のバックアップストレージが配置されているのと同じAWSリージョンでプロキシを起動します。ディザスタリカバリ用にインスタンス化されたAMIは、同じリージョンに作成されます。 

Phoenix AWSプロキシ設定の流れ

Phoenix AWSプロキシを設定するには、まずPhoenixポータルから.jsonポリシーをダウンロードする必要があります。このポリシーは、AWSポータルでIAMポリシーとVMimportポリシーを作成し、VMimportロールの信頼関係を確立するために使用されます。IAMポリシーとIAMロールを作成したら、当該AWSリージョンのAMI IDを取得して、プロキシを起動する必要があります。次の図は、Phoenix AWSプロキシを設定する流れと、設定を行うポータルを示しています。 

AWS_Proxy__setup(1).png

次の表は、Phoenix AWSプロキシを設定する手順をまとめたものです。

手順 ポータル 説明
ポリシーのダウンロード Phoenixポータル IAMポリシーとVMimportポリシーを作成し、AWSでVMimportロールの信頼関係を確立するために使用されるポリシーをダウンロードします。
IAMポリシーとIAMロールを作成 AWSポータル IAMポリシーとIAMロールを作成します。VMimportポリシーは、仮想環境の仮想マシンイメージをAmazon EC2にAMIとしてインポートするために信頼できるアクセス許可属性を定義します。VMimport ロールは、AWSアカウントにAMIを作成するためにAmazon EC2にアクセスできるようにします。IAMポリシーを使用すると、ユーザー、グループ、ロール、リソースのアクセス許可を定義できます。IAMロールは、AWSユーザーにアクセス機能を提供します。 
AMI IDを取得 Phoenixポータル AWSリージョンのAMI IDを取得します。
Phoenix AWSプロキシを起動 AWSポータル 仮想マシンがバックアップされるAWSリージョンでPhoenix AWSプロキシを起動します。
Phoenix AWSプロキシを登録 AWSポータル Phoenix AWSプロキシを登録してアクティベートします。
 

 

  • この記事は役に立ちましたか?