メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Phoenix DRaaS について

 

概要

Phoenixは、エンタープライズインフラストラクチャ向けに統合されたクラウドベースのデータ保護ソリューションを拡張するDisaster Recovery(DRaaS)機能を導入しました。Phoenix DRaaS機能を使用すると、既にバックアップされた仮想マシンをAmazon Web Services(AWS)パブリッククラウドでリカバリおよびスピンアップすることができます。災害が発生した場合、Phoenix DRaaSは、オンプレミス専用のソフトウェア、ストレージ、ハードウェアを追加することなく、ビジネスの継続性を保証し、大幅なコスト削減と俊敏性の向上を実現します。

Phoenix DRaaSは、クラウドのオンデマンドで利用できます。仮想マシンは、クラウドのオンデマンドで回復できます。したがって、システムのダウンタイムとそれに伴う生産性への影響は数分で軽減されます。

利点 

Phoenix DRaaSは、VMware環境を混乱させる可能性がある予期しない災害時に、ビジネスの継続性を維持するために幅広いメリットを提供します。災害発生時の適切なフェールオーバーを確実にするために、Phoenix DRaaSはインフラストラクチャーの負担を解消し、ダウンタイムを大幅に削減するオンデマンドの費用対効果の高いソリューションを提供します。

 

Phoenix DRaaSは、VMware環境に次の利点をもたらします。

  • 仮想マシンのインスタントリカバリ:構成された仮想マシンは自動的にAmazon Machine Image(AMI)に変換され、顧客管理アカウントに保存され、フェールオーバーの設定とリカバリがより簡単に行えます。
  • AWS VPCベースのセキュアフェールオーバー:フェニックスは、VPCの詳細、ネットワークグループ、セキュリティグループ、およびブートインスタンスタイプなどのフェールオーバー設定を事前設定します。管理されたAWSアカウントでスピンアップが発生し、セキュリティとネットワークの両方が完全に制御できるようになります。AMIは、すでに確立されているセキュリティとネットワークグループの設定で、AWSアカウント内からスピンアップされます。ほとんどのDRaaSベンダーとは異なり、Druvaにはフェールオーバー環境へのアクセス権がありません。
  • 信頼できるパブリッククラウドインフラストラクチャ:Phoenix DRaaSは、企業がグローバルリーチを達成し、弾力性のあるコンピューティングを活用して災害イベントから迅速に回復したり、テストおよび開発目的で仮想マシンを複製したりするAWSの市場をリードするクラウドインフラストラクチャ上に構築されています。
  • グローバルな復旧範囲:AWSは、世界中の12のストレージ領域に99.99999%のデータ耐久性を提供し、災害時に安全かつ確実に仮想マシンをスピンアップします。
  • この記事は役に立ちましたか?