メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Phoenix Cloud DRaaS と 従来型DR との違い

Phoenixクラウドベースのディザスタリカバリ機能は、従来のディザスタリカバリの魅力的な代替手段です。従来の災害復旧とは異なり、Phoenix DRaaSはインフラストラクチャの重複を排除し、パブリッククラウドを活用し、AWSリージョンへの即時起動とフェイルオーバー向けのオンデマンドソリューションを提供することにより、ダウンタイムを大幅に短縮します。

従来の災害復旧

  • 高価:従来のディザスタリカバリ・ソリューションは、高額な設備投資が必要となる二次的および物理的な災害復旧サイトで構成されています。また、プライマリサイトと同じハードウェアシステムとソフトウェアパッチが必要です。セカンダリサイトを維持するとにはコストがかかります。
  • 災害復旧のための地理的範囲の限定:災害復旧サイトはプライマリサイトから50~100 km以上離せません。顧客が数マイル以上の距離や多くの重要アプリケーション保護を必要とする場合、これは、一貫した災害復旧計画には不十分です。
  • 重大なITリソース要件:従来の災害復旧では、災害復旧テストの複雑なプロセスをIT技術者が実行する必要があります。
  • 災害発生時に動作:災害復旧サイトは災害発生時にのみ動作します。サイトを稼働させるために複雑なプロセスのオーバーヘッドが必要となり、データやビジネスの継続性を損なう可能性があります。
  • 災害復旧サイトの障害:災害復旧サイトに障害が発生した場合、災害復旧サイトで運用を開始するために追加コストが発生することがあります。データとビジネスの継続性を危険にさらす可能性があります。

Phoenixの災害復旧

  • コスト効果:AWSなどのパブリッククラウドインフラストラクチャをベースにした災害復旧サイトは、従来のソリューションに伴うコストのため以前は災害復旧戦略を実施していなかった組織に、DRソリューションを導入する際の設備投資を大幅に削減します。 
  • 地理的に広範:パブリッククラウドインフラストラクチャーのため、災害復旧サイトの場所は、プライマリサイトから別の大陸にでも設置できるようになります。
  • 安全なフェイルオーバーを提供:既に設定されたセキュリティとネットワーク設定を使用して、顧客管理のAWSアカウントでフェイルオーバーが発生します。ほとんどのDRaaSベンダーとは異なり、Druvaにはフェイルオーバー環境へのアクセス権はありません。
  • 簡素化された手順:Phoenix DRaaSワークフローにより、管理者はVPC、サブネット、セキュリティグループ、IP割り当てなどのフェイルオーバー設定を事前設定し、実際のフェイルオーバーをワンクリックで簡単に実行できます。
  • 開発とテストの使用:Phoenix DRaaSは、本番システムと同一の開発/テストラボ環境を容易にセットアップできます。また、従来のデータセンターでラボを構築する際のオーバーヘッドもなくなります。
  • 移行:Phoenix基盤により、手動によるカスタマイズを最小限に抑えてワークロードをクラウドにシームレスに移行できます。
  • 災害復旧サイトの自動化:Phoenix DRaaSは、数分でオンラインになる自動災害復旧サイトを提供し、データの損失を防ぎ、ビジネスの継続性を保証します。
 
  • この記事は役に立ちましたか?