メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

サポートマトリックス

サポートされるVMware環境

本項では、VMware vCenter ServerおよびESXiホストでサポートされるバージョンを示します。

vCenter Server ESXi ホスト バックアッププロキシの互換性
7.0
  • 7.0
  • 6.7
  • 6.5
4.8.15_96907
6.7
  • 6.7
  • 6.5
  • 6.0
  • 4.7.2-42700以降

6.5

  • 6.5
  • 6.0
  • 5.5
  • 4.7.2-42700以降
  • 4.6.9-27415から4.7.2-42106

6.0

  • 6.0
  • 5.5
  • 5.1
  • 4.7.2-42700以降
  • 4.6.9-27415から4.7.2-42106

 

 

5.5

  • 5.5
  • 5.1
  • 4.7.2-42700以降
  • 4.6.9-27415から4.7.2-42106
5.1
  • 5.1
  • 4.7.2-42700以降
  • 4.6.9-27415から4.7.2-42106

 

<重要> Druvaは、VMware vCenter Serverバージョン5.5および5.1を認定していません。ただし、これらのセットアップでのバックアップとリストアは期待どおりに機能するはずです。Druvaは、VMware vCenter Serverをサポートされている最新バージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。vSphere 5.5の一般的なサポートの終了の詳細については、記事を参照してください。

 

ゲストオペレーティングシステム

Phoenixは、仮想マシンを次のゲストオペレーティングシステムでバックアップできるようにしています。ただし、仮想マシンのスナップショット(VMwareツールの静止がオンになっている)が正常に機能していれば、どのゲストOSも機能するはずです。 

オペレーティングシステム エディション
Windows
  • Windows Server 2012 R2(64ビット) 
  • Windows Server 2012(64ビット)
  • Windows Server 2008 R2(64ビット) 
  • Windows Server 2008(64ビット) 
  • Windows Server 2016(64ビット)
  • Windows Server 2019(64ビット)
:Phoenixは、仮想マシンのイメージレベルのバックアップを実行します。そのため、仮想マシンのアプリケーション対応処理を有効にする予定がない限り、Phoenixはゲストオペレーティングシステムを使用して仮想マシンをバックアップし続けます。
Linux
  • CentOS 6.3-6.4、7.0-7.2(64ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)6.3-6.4、7.0-7.2(64ビット)

ファイルレベル復元 (FLR) 向けのディスク、パーティション、ファイル

項目 認定内容

パーティション種別

  • プライマリ パーティション
  • 拡張パーティション
  • 論理ディスクマネージャ (LDM): 
    • Windows
      • ベーシックディスク(パーティションの種類:MBR / GPT) 
      • ダイナミックディスク(パーティションの種類:MBR。パーティションにはシンプルボリュームまたはスパンボリュームを含めることができます。)
        :GPTパーティションタイプのダイナミックディスクはサポートされていません。
    • Linux
      • MBR(シンプル/スパン/ミラー/ストライプ) 
      • GPT(シンプル/スパン/ミラー/ストライプ)

ファイルシステム

  • NTFS
  •  FAT
  •  FAT32 
  •  Ext2/3/4
  • XFS

ファイル種別

  • 通常のファイル (Regular Files)
  • スパースファイル (Sparse Files)
  • 隠しファイル (Hidden Files)

vSANバージョン

Phoenixバックアッププロキシは、次のvSANバージョンの仮想マシンのバックアップと復元をサポートしています。

  • 6.6
  • 6.5

VMwareにおけるポートと通信プロトコル

Phoenixは仮想インフラストラクチャと通信し、仮想マシンのデータをバックアップおよびリストアします。この通信では、データの通信と転送が安全に行われるポートと通信プロトコルが利用されます。

Phoenixは、Phoenixコンポーネントと仮想インフラストラクチャのコンポーネント (vCenter Server、ESXiホスト、仮想マシンなど) 間のコネクションを確立して通信を開始するために、TLS (Transport Layer Security) とSSL (Secure Socket Layer) プロトコルの組み合わせを使用します。

次の図は、Phoenixがバックアップおよびリストア操作中に安全な接続と通信のためPhoenixによって使用されるポートと通信プロトコルを示します。 

以下の表で、Phoenixと各種VMwareコンポーネント間の通信に使用されるポートと通信プロトコルについて説明します。

ポート / 通信プロトコル 説明

443

Phoenixは以下の間で安全な接続と通信を確立するためにポート443を使用します。

  • バックアッププロキシとPhoenixクラウド間
  • バックアッププロキシとPhoenix CloudCache間
  • バックアッププロキシとvCenterサーバー間
  • バックアッププロキシとESXiホスト間
Note: バックアッププロキシはスタンドアロンESXiとしてPhoenixに登録されている場合のみ、ESXiホストとポート443上でコネクションを確立します。ESXiホストがvCenterサーバー経由でPhoenixに登録されている場合、バックアッププロキシはポート902上でESXiホストと通信します。

902

PhoenixはバックアッププロキシとvCenterサーバー経由でPhoenixに登録されたESXiホストとの間でコネクションを確立するためにポート902を使用します。

TLS

Phoenixは以下の間で安全な接続と通信を確立するためにTLSを使用します。

  • バックアッププロキシとPhoenixクラウド間
  • バックアッププロキシとPhoenix CloudCache間
  • Phoenix CloudCacheとPhoenixクラウド間

SSL

Phoenixは以下の間で確立されるセキュアコネクションでSSLを使用します。

  • バックアッププロキシとvCenterサーバー間
  • バックアッププロキシとESXiホスト間
 
  • この記事は役に立ちましたか?