メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

仮想マシンのリストアについて

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

概要

Phoenix管理者は、いつでも仮想マシンを仮想基盤に復元することができます。

仮想マシンでは以下の種類のリストアがサポートされています。

仮想マシンを復元する前に知っておくべきこと

  • ホットスナップショットは Phoenix CloudCache設定時 に指定した期間、Phoenix CloudCacheに存在します。
  • グループ管理者は、管理するサーバーグループに属する仮想マシンにのみデータをリストアすることができます。クラウド管理者は、すべてのサーバーグループで仮想マシンをリストアできます。
  • リストア時にネットワーク接続障害が発生した場合、バックアッププロキシはPhoenixクラウドに接続を試みます。接続復旧後、バックアッププロキシはリストアが中断された状態からリストアを再開します。 
  • リストア中にバックアッププロキシを再起動またはリブートすると、リストア操作はスケジュールされた状態に変わり、パワーオン後に再開されます。
  • スナップショットのタイムスタンプは仮想マシンのタイムゾーンに従って表示されます。
  • PhoenixはVMXファイルとVMDKファイルをバックアップしますが、VMDKファイルのみ復元できます。
  • 復元ポイントは、バックアッププロキシのタイムゾーンに従います。
  • 仮想マシンのフルリストアを選択した場合、Phoenixは以下の命名構文を使用して元の仮想マシンと同じ構成の新しい仮想マシンを作成します。

    <元の仮想マシン名>_<カウンタ>

    <カウンタ> は仮想マシンをリストアするたびに1つずつ加算されます。

    例:
    • Test Virtual Machineという名前の仮想マシンを最初にリストアする場合、PhoenixはTest Virtual Machine_1という名前の仮想マシンを作成します。
    • 2回目のリストアでは、PhoenixはTest Virtual Machine_2という名前の仮想マシンを作成します。
  • 仮想ディスクを復元するよう選択した場合、Phoenixは最小限の設定で新しい仮想マシンを作成し、選択したVMDKファイルをその仮想マシンに関連付けます。
  • Phoenixは仮想マシンを別のESXiハイパーバイザーや、バックアッププロキシがインストールされたvCenter Serverに関連付けられたソース (元の) ハイパーバイザーへのリストアもサポートしています。
  • ただし、スタンドアロンESXi向けのバックアッププロキシをデプロイした場合、このESXiからソースESXiにのみ仮想マシンをリストアできます。
  • Thick Provisioned Lazy Zeroedディスクは、Thick Provisioned Lazy Zeroedディスクとしてリストアされます。
  • Thick Provisioned Eager ZeroedディスクはThick Provisioned Eager Zeroedディスクとしてリストアされます。
  • Thin provisioned VMDKファイルはThinディスクとしてリストアされます。
  • 元の仮想マシンでCBTが有効になっていても、復元された仮想マシンではCBTは無効化されます。
  • PhoenixはRDM仮想モードディスク (vRDM) をVMDKファイルとしてリストアすることをサポートします。
  • 仮想マシンが異なるモード (たとえばIndependent Persistent) で構成されたディスクに関連付けられている場合、Phoenixはサポートしているモードを持つディスクのみを復元します。
  • 仮想マシンを元の場所に復元する場合、PhoenixはVMを元のネットワーク構成に復元します。仮想ディスクのリストアまたは別の場所へのリストアを行う場合、Phoenixはその仮想ディスクや仮想マシンを復元先ESXiのデフォルトネットワーク構成で復元します。
  • 復元が失敗すると、新しく作成された仮想マシンは削除されます。
  • リストア後、VMは常にパワーオフになっています。手動でVMをパワーオンする必要があります。
  • リストア進行中やスケジュールバックアップ中にクライアントマシンが再起動すると、ジョブ要求がクライアントマシンに再送されないことがあります。
  • 仮想マシンを元の場所にリストアする場合、同じ仮想マシン上でバックアップとリストアを同時に実行できないため、進行中のバックアップをキャンセルしてリストア要求を開始することができます。詳細については Restore virtual machine to original location を参照してください。
  • 仮想マシンを元の場所にリストアする場合、同じ仮想マシン上で2つのリストア要求を同時に実行することはできません。
  • 仮想マシンを元の場所にリストアする場合、リストア進行中にバックアップ開始時間になると、リストアが完了するまでバックアップジョブはキューに入れられます。

Phoenix管理者は、必要に応じて仮想マシンをリストアできます。 

仮想マシンでは、次の種類のリストアがサポートされています。

元の場所へ仮想マシンをリストアする手順

 

 

手順 操作

手順 1

Phoenix 管理者が仮想マシンのリストアを開始します。Phoenix はリストア要求をバックアッププロキシプールへ転送します。

  • Phoenixは負荷分散アルゴリズムによって、リストア要求を満たすバックアッププロキシを自動的に識別します。
  • 識別されたバックアッププロキシがビジー状態の場合、リストア要求がキューに入れられ、バックアッププロキシのリソースが解放されたときに開始されます。

手順 2

Phoenix は、リストア先が NAS (Network-attached Storage) でないことを確認します。

  • vCenter Server によって管理される ESXi ホストに仮想マシンがデプロイされている環境では、バックアッププロキシは vCenter Server に接続して仮想マシンを特定します。
  • 仮想マシンがスタンドアロン ESXi ホストにデプロイされている環境では、バックアッププロキシは ESXi ホストに接続し、仮想マシンを特定します。

手順 3

SSL転送モードで仮想マシンとの間でVDDKコネクションが確立されます。

手順 4

バックアッププロキシは、フル仮想マシンリストアかVMDKファイルリストアかをチェックします。バックアッププロキシは仮想マシンに接続し、仮想マシンデータを復元するための書き込み接続を確立します。

  • フル仮想マシンリストアでは、Phoenixは次の形式で同じ構成 (バックアップ時の仮想マシン構成) を持つ新しい仮想マシンを作成します。
    <元の仮想マシン名>_<カウンター>
  • ディスクリストアでは、指定された場所に次の形式で最小構成 (100 MB RAM, 1 CPU, 1 ビデオカード, リストアするディスク) で新しい仮想マシンを作成します。 
    <元の仮想マシン名>_<カウンター>
Note: 仮想マシンを作成せずにディスクを作成することはできないため、ディスクリストアでは最小構成の仮想マシンが作成されます。

手順 5

バックアッププロキシはPhoenixクラウドから仮想マシンデータを取得します。

手順 6

復元操作が開始されます。

Phoenix は、復元が正常に完了したか確認します。 

  • 復元が正常に完了すると、新しい仮想マシンが利用可能になります。
  • 復元が失敗すると、Phoenix は新しく作成された仮想マシンを削除します。

別の場所へ仮想マシンをリストアする手順

手順 操作

手順 1

Phoenix 管理者が仮想マシンのリストアを開始します。Phoenix はリストア要求をバックアッププロキシプールへ転送します。

  • Phoenixは負荷分散アルゴリズムによって、リストア要求を満たすバックアッププロキシを自動的に識別します。
  • 識別されたバックアッププロキシがビジー状態の場合、リストア要求がキューに入れられ、バックアッププロキシのリソースが解放されたときに開始されます。

手順 2 

Phoenix は、リストア先が NAS (Network-attached Storage) でないことを確認します。

  • vCenter Server によって管理される ESXi ホストに仮想マシンがデプロイされている環境では、バックアッププロキシは vCenter Server に接続して仮想マシンを特定します。
  • 仮想マシンがスタンドアロン ESXi ホストにデプロイされている環境では、バックアッププロキシは ESXi ホストに接続し、仮想マシンを特定します。

手順 3

バックアッププロキシはフル仮想マシンリストアかVMDKファイルリストアかをチェックします。

バックアッププロキシは指定された別の場所に仮想マシンを作成します。

  • 仮想マシンのフルリストアでは、Phoenixは次の形式で同じ構成 (バックアップ時の仮想マシン構成) を持つ新しい仮想マシンを作成します。
    <元の仮想マシン名>_<カウンター>
  • ディスクリストアでは、指定された場所に次の形式で最小構成 (100 MB RAM, 1 CPU, 1 ビデオカード, リストアするディスク) で新しい仮想マシンを作成します。 
    <元の仮想マシン名>_<カウンター>
Note: 仮想マシンを作成せずにディスクを作成することはできないため、ディスクリストアでは最小構成の仮想マシンが作成されます。

手順 4

SSL転送モードで仮想マシンとの間でVDDKコネクションが確立されます。

手順 5

バックアッププロキシは仮想マシンに接続し、仮想マシンデータを復元するための書き込み接続を確立します。

手順 6

バックアッププロキシはPhoenixクラウドから仮想マシンデータを取得します。

手順 7

復元操作が開始されます。

Phoenix は、復元が正常に完了したか確認します。 

  • 復元が正常に完了すると、新しい仮想マシンが利用可能になります。
  • 復元が失敗すると、Phoenix は新しく作成された仮想マシンを削除します。

スナップショットのリストア種別 

Phoenix では仮想マシンに対して3つのスナップショットリストア種別が提供されます。

ホット スナップショット リストア

ホットスナップショットのリストアは、Phoenix CloudCacheが環境内に導入および設定されている場合にのみ生成されます。

ホットスナップショットのリストアは、Phoenix CloudCacheにある仮想マシンデータのオンデマンドのリストアです。ホットスナップショットは、Phoenix CloudCacheに保存されているバックアップデータのポイントインタイムイメージです。この復元操作はサーバーデータが指定された場所にリストアされるまで続きます。

ホットスナップショットを参照するには、Restore Dataウインドウ内でHotを展開します。

ウォーム スナップショット リストア

ウォームスナップショットの復元は、過去90日以内のポイントインタイムイメージをリストアします。このリストア操作は仮想マシンデータが指定した場所に復元されるまで継続します。ウォームスナップショットのリストアは指定した場所にデータがリストアされるまで継続します。

ウォームスナップショットを参照するには、Restore Dataウインドウ内でWarmを展開します。 

コールド スナップショット リストア

コールドスナップショットの復元は、90日以上前の仮想マシンデータをリクエストベースで復元できます。このデータはコールドスナップショットと呼ばれ、アーカイブストレージに保存されます。このデータが損失や破損した場合、コールドスナップショットを強いようしてリストアを実施することができます。

コールドスナップショットのリストアを開始するには、Phoenixがアーカイブストレージからデータを取り出す解凍処理を最初に行う必要があります。取り出したデータは解凍データと呼ばれ、リストアに利用できます。データが解凍された後、Phoenixは管理者にデータが利用可能になった旨と、データが利用可能な期間についいてのメールを送信します。このメールを受信した後、解凍データをリストアすることができます。

コールドスナップショットを参照するには、Restore Dataウインドウ内でColdを展開します。

コールドスナップショットからデータをリストアするには、まずコールドストレージに保存されているコールドスナップショットを解凍するよう要求する必要があります。その後Phoenixは、コールドストレージからデータを取得します。ここで取得されたデータは「解凍済み (thawed)」となり、リストアに使用することができます。データが解凍されると、データの可用性やデータが利用可能な期間が含まれるメールがPhoenixから送信されます。このメールを受け取った後、解凍されたデータをリストアすることができます。 

コールドスナップショットの解凍手順

  1. Phoenix 管理コンソールのメニューバーで All Organizations をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します。
  2. Phoenix 管理コンソールのメニューバーで VMware をクリックします。登録されたすべての VMware vCenter Server と ESXi ハイパーバイザーが表示されます。
  3. リストアしたい仮想マシンを管理する vCenter Server or ESXi Hypervisor をクリックします。詳細が表示されます。
  4. Configured Virtual Machines タブでコールドスナップショットを解凍する仮想マシンを検索して選択します。
  5. Restore をクリックします。
  6. 左のペインにて Coldを展開し、解凍したいスナップショットをクリックします。
  7. Homeにて Defreeze をクリックします。

解凍操作は4時間で完了します。完了後、Phoenixはデータが解凍された旨を知らせるメールを管理者に送信します。このデータはメール内に記述された期間、解凍された形で残ります。この期間内に解凍されたデータのリストアを実行する必要があります。

解凍したスナップショットを見つけるには、Restore Data ウインドウで Thawed を展開します。

  • この記事は役に立ちましたか?