メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

VMware向けPhoenixの概要

分散環境における仮想マシンのバックアップおよびリストアの管理では通常、複数のスタッフと複雑なインフラストラクチャが必要となる複雑なプロセスになります。Druva Phoenixはグローバルに分散したVMware環境のバックアップとリカバリを集中管理することでそのプロセスを簡素化します。Phoenixは仮想インフラで実行される仮想マシン上のデータを保存、管理、アーカイブ、リカバリを実用的かつ費用対効果の高い方法で実現します。

Phoenixは仮想マシンのデータを簡単にバックアップおよびリストアするため以下の機能を提供します。

  • 簡単なプロキシインターフェイス
  • 自動検知
  • 迅速なコンフィグレーション
  • ディザスタリカバリ機能

 

以下のVMware vSphereコンポーネントが一般的な仮想マシン管理に使用されます。

  • VMware ESXi ホスト
  • VMware vCenter Server

PhoenixはスタンドアロンのESXiホストと、vCenter Serverで管理されているESXiホストにホスティングされている仮想マシンのイメージレベルのバックアップを実行します。

VMware向けPhoenixコンポーネント

Phoenixはサーバー側とクライアント側のコンポーネントを使用して、仮想マシンインフラストラクチャのバックアップを操作、管理、制御します。

VMware向けPhoenixは、次のコンポーネントで構成されています。

  • Phoenix Cloud– PhoenixクラウドはPhoenixのサーバーコンポーネントです。
  • Phoenix Management Console – Phoenix管理コンソールはWebベースの統合コンソールで、仮想マシンの場所に関わらず、管理している仮想マシンの完全な可視性と状態やステータスに関する詳細を提供します。ストレージインフラストラクチャにあるESXiホスト、ハイパーバイザー、vCenter Serverのグローバルな表示、仮想マシンの検出、データのバックアップ、リカバリ、アーカイブ向け設定が行えます。Phoenix管理者は以下が行えます。
    • 組織のサーバーインフラストラクチャでバックアップを行うため仮想マシンを登録および構成する
    • バックアップポリシー、保存ポリシー、ディザスタリカバリポリシーなどを定義してPhoenixの操作を制御する
    • バックアップジョブ、リストアジョブ、操作、レポートを閲覧する
  • Backup Proxy – バックアッププロキシは仮想マシンを管理する各ESXiハイパーバイザーまたはvCenterサーバーにインストールされるクライアント側コンポーネントです。バックアッププロキシはVMware環境内で仮想マシンのバックアップと復元を行うために導入および登録する必要がある仮想マシンです。バックアッププロキシは仮想マシンのバックアップと復元を実行するコンポーネントであるPhoenixエージェントを含みます。
  • Phoenix CloudCache – EnterpriseまたはEliteライセンスで利用できるオプションのコンポーネントです。Phoenix CloudCacheはバックアッププロキシからのバックアップデータやリストアデータを一時的に保存する専用サーバーです。保存後、定期的にPhoenix CloudCacheはデータをPhoenixマスターと同期させ、インフラの帯域消費を緩和します。

前提

  • 理解をわかりやすくするため、VMware技術用語集 (Technical Publications Glossary; http://www.vmware.com/support/) で定義されているVMware用語を使用します。
  • VMware環境向けにPhoenixを構成する際に中断しないよう、Phoenixマニュアル内のVMwareに関連する説明に加えて、VMwareのマニュアルも熟読することが推奨されます。VMwareの詳しい設定手順についてはhttp://www.vmware.com/support/を参照してください。

 

  • この記事は役に立ちましたか?