メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

inSync向けSlackの概要

概観

企業においてコミュニケーションやコラボレーションの改善を図るためにSlackのようなコラボレーションアプリケーションの採用が大幅に増えています。これにより、Slack向けにeDiscoveryを有効化して関連するリスク低下とeDiscoveryコスト削減が行える、クラス最高のSaaS保護製品を企業に提供するという差し迫ったニーズがもたらされました。

eDisovery向けにSlackデータを保護およびアクセスする必要があるいくつかの例を見てみましょう。

  • 企業がハラスメント被害や盗難の報告を受け、社内調査を実施する必要がある場合

  • 金融サービス企業が特定通信を一定期間アーカイブすることを規制により義務付けられている場合

  • 裁判所の命令により、Slackからの情報を訴訟または調査のために開示する必要がある場合

  • EUのGDPR要件に基づき、元従業員が元雇用主に対して保持している個人情報のコピーを提供するように求めた場合

Druva inSyncは、次のソリューションを提供します。

  • Slackデータの保護:特定の事件に関する電子情報開示のために、個々または複数のカストディアン (情報開示の対象者) のSlackデータを収集してバックアップします。

  • Slackデータへのアクセス:Slackデータを組織、ワークスペース、ユーザーレベルでダウンロードします。

  • SlackデータのeDiscoveryを有効にする:Slackユーザーを訴訟ホールド対象にし、IT担当者が手動でデータを収集および管理するために費やす時間を削減します。設定後、WebDAVを使用してSlackからユーザーのデータにアクセスできます。

SlackのinSyncデータ保護ソリューションについて詳しく説明する前に、以下に関する情報を収集する必要があります。

 

Slackの概要

Slackのドキュメント

inSyncが保護するSlackデータ Slack向けにinSyncでバックアップされるデータ

inSyncでサポートされているSlackエディション

サポートされているSlackエディション

Slackへのアクセスに必要な権限

 

Slackへのアクセスに必要な権限

Slackへのアクセスに必要なロール Slackへのアクセスに必要なロール

Slack向けにinSyncでバックアップされるデータ セクションを編集

inSyncを使用してバックアップできるSlackデータを見てみましょう:

  1. Slackワークスペースのメタデータ

    • Org ID (組織ID)

    • Org name (組織名)

    • Workspace ID (ワークスペースID)

    • Workspace name (ワークスペース名)

    • Workspace description (ワークスペースの説明)

    • Workspace domain details (ワークスペースドメインの詳細)

    • Workspace creation date (ワークスペース作成日)

    • Sync type of Workspace (ワークスペースの同期タイプ):Archived (アーカイブ) または Deleted (削除)

  2. Slackチャンネルのメタデータ

    • Channel Type (チャンネルタイプ)

    • Channel Privacy Settings (チャンネルのプライバシー設定)

    • Channel Creation Date (チャンネル作成日)

    • チャンネルに関連付けられているユーザーIDとその関連付け日時

  3. Slackメッセージのメタデータ

    • メッセージ作成日時

    • メッセージの編集と削除の日時

    • メッセージを作成または送信したユーザー

    • メッセージの返信数

    • メッセージに返信したユーザー

    • メッセージが送信されたチャンネル(パブリック、プライベート、共有)(ダイレクトメッセージ - DM, グループDM, 複数人のDM)

    • メッセージに添付されたファイル

    • メッセージのインタラクティブな添付ファイル

    • スレッドID

    • スレッド名

    • スレッド種別

  4. Slackデータ

    • ダイレクトメッセージ(DM)

    • マルチパーソンダイレクトメッセージ (グループDM)

    • 公開チャンネル

    • プライベートチャンネル

    • 共有チャンネル

    • 添付ファイルネイティブ形式の個別のフォルダーとして)

    • スニペットとポスト

    • GIF

    • ログの編集と削除(Slack Enterpriseで有効になっている場合)

サポートされているSlackエディション

Druva inSyncは、以下のSlackエディションをサポートしています。

  • Slack Enterprise Grid

注:  inSyncは、StandardおよびPlus Slackエディションをサポートしていません。これらのエディションでは、ユーザーの同意なしに管理者がデータにアクセスしてバックアップすることができないためです。Enterprise Gridエディションの場合、Slackにそのような制限はありません。管理者はユーザーの同意なしにSlackデータにアクセスしてバックアップできます。

Slackへのアクセスに必要な権限

Druva inSyncがSlackデータにアクセスして保護するには、次の権限が必要です。

  • Content and info about you

    • 個人情報に関する情報を表示する

  • Administer Slack for your organization (組織のSlackを管理する)

    • 組織のすべてのメッセージ(すべてのプライベートチャンネルとダイレクトメッセージを含む)と組織のファイルを表示する

Slackへのアクセスに必要なロール

Slackにアクセスするには、次のロールが必要な場合があります。

  • inSyncクラウド管理者

  • 法務管理者

inSync管理者ロールのタイプとその機能の詳細については、inSync管理者ロールを参照してください

Slackデータを保護およびアクセスするためにinSyncを接続および構成する方法の詳細については、 Slackデータを保護するようにinSyncを設定します

Druva inSync クラウド管理者は、以下を含むSlackユーザーのデータを収集、保存、ダウンロードできます。

  • データの収集:Slackユーザーデータのスケジュールバックアップおよびオンデマンドバックアップ

  • データの保存:Slackユーザーデータを無制限に保持

:Druvaは今後、保持ポリシーを提供する予定です。

  • ダウンロード:Slack Orgデータをダウンロード

inSync クラウド管理者および法務管理者は、以下を含むSlackデータのeDiscoveryを有効にすることができます。

  • Slackユーザーのバックアップデータを保全し、データの削除を回避するために、特定訴訟問題用の訴訟ホールドポリシーを作成します。訴訟ホールドポリシーを作成するには、訴訟ホールドポリシーの作成を参照してください。

  • WebDAVを使用して、Cloud Appsからユーザーのデータにアクセスします。詳細については、「WebDAVを使用した訴訟ホールドデータへのアクセス」を参照してください

組織のSlackユーザーのデータを保護し、保護されたデータのeDiscoveryを有効化するワークフロー

次の表に、組織のSlackユーザーのデータを保護し、訴訟目的で利用できるようにするワークフローの全体像を示します。

 

    ロール

                タスク 

詳細

 

inSyncクラウド管理者

 

手順1:Slack保護向けにinSyncを設定する

 

Slack保護向けinSyncの設定

inSyncクラウド管理者

手順2:バックアップ間隔を設定して、チャンネル内にSlackメタデータとデータを含むバックアップスナップショットまたは復元ポイント(RPO)を作成する

注:ストレージの割り当ては必須です。

 

Slackデータのバックアップ

inSyncクラウド管理者

手順3: Slackデータをダウンロードする

Slackデータのダウンロード

inSyncクラウド管理者および法務管理者

手順4:電子情報開示を有効にする 

ガバナンスと訴訟ホールド

これで、inSyncがSlackデータを保護します。

次の疑問が浮かぶかもしれません:inSyncを使用して実行したバックアップとダウンロードのアクティビティまたはタスクを監視するにはどうすればよいですか?これに対する解決策もあります。詳細については、Slackの監視参照してください

本文書ではこの機能の概要を説明しました。Slackデータの保護に関する詳細な洞察と情報を得るために読んでください。

  • この記事は役に立ちましたか?