メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Box データのバックアップ方法

inSync Cloud Editions: File:/tick.png Elite Plus File:/tick.png Elite File:/cross.png Enterprise File:/cross.png Business

Boxデータのバックアップ方法

Boxデータをバックアップするには、既存プロファイルまたは新規プロファイルにてBoxバックアップ設定を行う必要があります。詳細についてはプロファイルの作成 または プロファイルの変更を参照してください。

inSyncはバックアップスケジュールに基づきBoxからユーザーデータのバックアップを開始します。クラウドアプリ向けバックアップ間隔の設定に関する詳細は バックアップスケジュールの設定を参照してください。

User Detailsページにてクラウドアプリデータのバックアップ詳細を閲覧することができます。詳細についてはUser Details ページを参照してください。

Note: Boxデータのスケジュールバックアップを実施するには、一つ以上のBoxデバイスがオンラインである必要があります。

また、inSyncクラウド管理者は必要に応じていつでもBoxデータをバックアップすることができます。詳細についてはBoxデータのバックアップ開始を参照してください。

Note: 各ユーザーのフォルダや共有フォルダが同じフォルダ名を持つことがあります。このような場合、inSyncはバックアップ中に <共有フォルダ名><内部ID> と共有フォルダ名を変更します。inSyncは各ユーザーのフォルダ名を変更することはありません。

Boxデータに適用されるポリシー

以下のプロファイルに定義されたポリシーが、Boxデータに適用されます。エンドポイントデータとクラウドアプリデータはエンドポイント向けにスケジュールされたバックアップ間隔で同じ時間にバックアップされます。

  • クラウドアプリデータ向けのバックアップポリシー

    バックアップポリシーは、 inSync でクラウドアプリのデータをバックアップする頻度を定義します。詳細については、クラウドアプリ向けバックアップ間隔の定義 を参照してください。

  • クラウドアプリデータ向けのバックアップ保存ポリシー

    バックアップ保存ポリシーは、inSyncがストレージ内にバックアップデータを保持する期間を定義します。詳細についてはバックアップ保存ポリシーの設定を参照してください。

  • クラウドアプリデータ向けのユーザーデータプライバシーポリシー

    ユーザーデータのプライバシーポリシーは組織全体でユーザーデータに誰がアクセスできるかを定義します。 プロファイルでは、クラウドアプリはデバイスと同じユーザーデータプライバシーポリシーで管理されます。詳細については ユーザーデータプライバシーポリシーの設定を参照してください。

  • クラウドアプリデータ向けのグローバル除外ポリシー

    グローバル除外ファイルリストに指定されているファイル種別により、inSyncのバックアップから特定のファイル種別やフォルダが除外されます。詳細についてはグローバル除外リストの設定を参照してください。

Boxデータのバックアップ開始

概要

inSyncクラウド管理者はスケジュールとは別に必要な時にBoxデータのバックアップを開始することができます。

手順

Boxデータのバックアップを開始するには以下を行います。

  1. inSync 管理コンソールのメニューバーで Availability > Backup をクリックします。Backup Overview ページが表示されます。
  2. All Data Sourcesタブにて、バックアップしたいデータを持つBoxデバイスを選択します。
  3. Backup Now をクリックします。

inSyncBoxデバイスのバックアップを開始します。以下のページでバックアップの詳細を閲覧できます。

  • この記事は役に立ちましたか?