メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Office 365との連携

inSync を Office 365 と連携する方法について説明します。また、Office 365 データのバックアップと復元の前提条件と手順についても説明します。

inSync Cloud Editions: File:/tick.png Elite Plus File:/tick.png Elite File:/cross.png Enterprise File:/cross.png Business

概要

inSyncはMicrosoft Office 365からクラウドアプリケーションへのデータ可用性とガバナンス機能を拡張しました。

クラウド管理者はOffice 365とinSyncを連携するよう設定することができます。この連携により、PCやモバイルデバイスのようなエンドポイントとクラウドアプリケーション内とを横断してユーザーデータを監視しガバナンスすることができるようになります。

inSyncはユーザーをMicrosoft Office 365のデータとマッピングするためにinSyncユーザーのメールアドレスを使用します。

inSyncは次のいずれかの情報を使用して、ユーザーをMicrosoft Office 365アカウントにマッピングします。

  • inSync ユーザーのメールアドレス
  • 設定されたActive Directoryの UPN (User Principal Name)

ユーザーアカウントのアクセス設定を設定するには、 ユーザーアカウントのアクセス設定 を参照してください。

クラウドアプリのバックアップデータは、個別ユーザーの割当量の一部にはなりません。ユーザー割当量が何かを知るには、 データバックアップ用ユーザー割当量の指定 を参照してください。

Office 365でバックアップと復元できるデータは何ですか?

inSyncとOffice 365とを連携させると、以下のアイテムをバックアップすることができます。

  • OneDriveのデータ
  • メールボックス (個人ユーザーと共有用)、連絡先、カレンダーイベントなどの Exchange Online データ
  • SharePoint サイトのデータ

Note: SharePoint Online向けinSyncは現在、ベータ版です。組織でSharePoint Online向けinSyncを利用する場合、Druva営業にお問い合わせください。

Office 365データのバックアップと復元の前提条件 

クラウドアプリデータのバックアップ前提条件 に加えて、以下について確認します。

  • 有効なOffice 365ライセンスとともに、Office 365グローバル管理者アカウントを保持していること。
  • inSyncでOffice 365連携の設定が行われていること。詳細については inSyncとOffice 365の連携設定 を参照してください。

Office 365データのバックアップと復元方法

inSyncをOffice 365のOneDrive、Exchange Online、SharePint Onlineと連携させるには、以下の手順を実施します。

  1. inSyncアプリをOffice 365と連携させるよう設定します。
  2. プロファイルを作成するか、既存プロファイルを変更して Office 365 データをバックアップ します。
  3. ユーザーのデスクトップまたは管理者が選択したカスタムロケーションに Office 365 データを復元 します。
  4. クラウドアプリデータに対して電子情報開示を有効化します。

その後、以下のタスクを実施することができます。

  • この記事は役に立ちましたか?