メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

削除済みコンテンツの自動パージ

inSync Cloud Editions: File:/tick.png Elite Plus File:/tick.png Elite File:/tick.png Enterprise File:/tick.png Business

概要

組織のストレージ消費を削減するため、特定期間後に削除されたコンテンツを自動的にパージ (永久削除) することができます。デフォルトではこの期間は90日に設定されています。inSyncは90日前に削除されたすべての削除済みファイルやフォルダを恒久的に削除します。

Note: パージされたデータを復元することはできません。

inSyncがコンテンツをパージすると、共有ユーザーは削除されたコンテンツを見ることができなくなります。

削除されたファイルやフォルダが復元され、再度削除された場合、inSyncはコンテンツの削除時刻を最新の削除時刻に更新します。パージ時刻の間隔は、コンテンツの最新の削除時刻から始まります。inSyncはそれ以外の削除済みコンテンツを、コンテンツのオリジナルの削除時刻に基づきパージします。

手順

削除済みコンテンツを自動パージするには以下を行います。

  1. inSyncマスター管理コンソールのメニューバーで 2.png > Settings をクリックします。
  2. Share タブをクリックします。
  3. Editをクリックします。Share Settings ダイアログボックスが表示されます。
  4. Automatically purge deleted content チェックボックスをチェックします。
  5. Automatically purge deleted content ボックスでinSyncがすべての削除済みコンテンツを自動的にパージするまでの日数を入力します。  

    Share.PNG

    Note: 1から365までの値を入力します。

  6. Saveをクリックします。

Note: inSyncでユーザーが削除したコンテンツの自動パージを無効化するには、Automatically purge deleted content チェックボックスのチェックを外します。

  • この記事は役に立ちましたか?