メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

クラウドアプリ向けバックアップ間隔の定義

inSync Cloud Editions: File:/tick.png Elite Plus File:/tick.png Elite File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Business

概要

inSync管理者は、クラウドアプリから自動的に開始される連続した2つのバックアップの時間間隔を定義することができます。 たとえば、バックアップ間隔を4時間と定義した場合、inSyncは4時間前のバックアップが完了した後にクラウドアプリからバックアップを開始します。スケジュールバックアップを開始するには、クラウドアプリのアカウントに接続されているデバイスを起動し、inSyncクラウドに接続する必要があります。デバイスがinSyncクラウドに接続されていない場合、スケジュールバックアップを有効にするには、AD/LDAPコネクタが接続状態になっている必要があります。 

Note: バックアップ間隔およびバックアップスケジュールの管理はプロファイル経由で行うことが可能です。個々のユーザーに対してこれを行うことはできません。

クラウドアプリ向けバックアップ間隔の定義

バックアップ間隔を定義するには以下を行います。

  1. inSyncマスター管理コンソールのメニューバーで Profiles をクリックします。
  2. クラウドアプリ向けにバックアップ間隔を定義したいプロファイルをクリックします。
  3. Cloud Apps Schedule & Retention Edit をクリックします。Edit Cloud Apps Configuration ウインドウが表示されます。
  4. Backup every リストにてクラウドアプリからスケジュールバックアップを行う間隔を指定します。
  5. Saveをクリックします。

 

  • この記事は役に立ちましたか?