メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

SSOログインの手順

VersionInfo

inSync Cloud Editions: File:/tick.png Elite Plus File:/tick.png Elite File:/cross.png Enterprise File:/cross.png Business

概要

本項目ではユーザーおよび管理者向けのSSOログイン手順を説明します。

Note: 手順は、inSync WebまたはinSyncマスター管理コンソールへのログイン用にSSOを使用する場合に期待される動作を明確にします。

手順

手順 説明
1. 

管理者: Webブラウザにて https://cloud.druva.comを入力します。

ユーザー: Webブラウザにて https://cloud.druva.com/home/ を入力します。

初回ログイン

Note: 組織でSSOを使用している場合、この手順を省略できます。代わりにinSync設定は「二回目以降のログイン」のみのワークフローに従います。

1 管理者およびユーザー: メールアドレスを入力しパスワードのフィールドは空白のままにします。
2

管理者: inSyncマスターはSAMLリクエストを使用して、組織のIdPが提供する認証ページへリダイレクトさせます。

ユーザー: inSync WebはSAMLリクエストを使用して、組織のIdPが提供する認証ページへリダイレクトさせます。

3 管理者およびユーザー: ログインページでSSOのユーザー名とパスワードを入力します。 
4 組織のIdPが認証情報を受信します。 
5 認証情報が有効である場合、IdPはTrueに設定されたSAMLアサーションを使用してレスポンスを返します。 
6

管理者: inSyncマスターがSAMLアサーションを受信します。

ユーザー: inSync WebがアサーションをinSyncマスターへ送信します。

7

管理者: inSyncマスターがSAMLアサーションを受信します。

ユーザー: inSync WebがアサーションをinSyncマスターへ送信します。

二回目以降のログイン
1 管理者およびユーザー: メールアドレスを入力しパスワードのフィールドは空白のままにします。
2 inSyncマスターは認証情報を検証するためにSAMLリクエストを組織のIdPに送信します。

IdPはデータベースの値で認証情報を検証します。

4 IdPは認証情報を検証し、SAMLアサーションをTrueに設定します。 
5

管理者: inSyncマスターがSAMLアサーションを受信します。

ユーザー: inSync WebがinSyncマスターにアサーションを送信します。

6

管理者およびユーザー: inSyncマスターがSAMLレスポンスを検証し、ログインを許可します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?