メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

IdP詳細情報の更新

VersionInfo

inSync Cloud Editions: File:/tick.png Elite Plus File:/tick.png Elite File:/cross.png Enterprise File:/cross.png Business

IdP詳細情報の更新

inSync設定でSSOを有効にするには、SSOアクセスを有効にしたいユーザーおよび管理者の認証情報が含まれる企業データベースをIdPで作成しておく必要があります。inSyncとIdP間の通信を行うために、inSyncマスターが送信するリクエストをIdPが認識できるメカニズムが必要です。そのためinSyncのコンフィグレーション詳細を提供するようにIdPの設定を更新します。

はじめに

IdP詳細情報を更新する前に以下を確認します。

  • 手元にSAML_Identifierパラメータがあること。このパラメータ値は “druva-cloud” です。
Note: このパラメータはエンティティIDとして機能します。
  • 利用しているIDプロバイダのドキュメントにアクセスできること。この文書ではガイドとして参考とする手順が含まれますが、実行しなければならない正確なタスクではありません。

手順

Note: 特に記載のない限り、この手順をガイドとして使用してください。正確な設定手順についてはIdPが提供するドキュメントを参照してください。

IdP詳細情報を更新するには以下を行います。

  1. 上位権限を使用してIdPの管理コンソールにログインします。

Note: たとえばPingOneでサポートされるグローバル管理者ロールは、管理コンソール上のすべての機能を管理および制御するためのフルアクセスが可能です。

  1. 新規SAMLアプリケーションを作成します。
  2. Assertion Consumer Service URLを入力します。

Note: Assertion Customer ServiceはIdPでホストされるSAML準拠のURLです。これはフォーム送信やページリダイレクト用のレセプターとして機能します。URLの例は次のようになります:
 https://cloud.druva.com/wrsaml/consume

  1. エンティティIDとしてSAML_Identifier値を入力します。
  2. アプリケーションURLを入力します。例: https://cloud.druva.com/admin
  3. Name IDフォーマット、SSOトークン、その他IdPが必要とする詳細情報を入力します。
  4. 変更を保存します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?