メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

DRプランの管理

このトピックでは、DRプランを管理する方法について説明します。DRプランの詳細表示、DRプランの編集、DRプランの削除の各手順について説明します。

DRプランの表示 

DR Plans ] タブには、既存DRプランの詳細が表示されます。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログオンします。
  2. メニューバーの[ All Organizations ]をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します
  3. メニューバーで、[ Manage ] > [ Disaster Recovery ]をクリックします。Manage Disaster Recoveryページが開き、デフォルトで DR Plans タブが表示されます。
  4. [  DR Plans  ]タブには、DRプランの以下の情報が表示されます。

    フィールド

    説明

    DR Plan Name
    (
    DRプラン名)

    DRプランの名前です。

    AMI Update Frequency
    (
    AMIアップデート頻度)

    Immediately after backupDailyWeekly のような、AWSクラウド上に仮想マシンを復元するAMIアップデート操作の頻度です

    AWS Account
    (
    AWSアカウント)

    仮想マシンのAMIを管理するアカウントです。

    # Associated VMs
    (関連するVM数)

    DRプランに割り当てられた仮想マシンの数です。

DRプランの編集

既存のDRプランを編集することにより、AWSクラウド上の仮想マシンを復元するAMIアップデート操作の頻度を変更できます。指定された頻度に従った各スケジュールにおいて、既存のAMIが存在する場合は仮想マシンで使用可能な最新の復元ポイントによるAMIに置き換えられます。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログオンします。
  2. メニューバーの[ All Organizations ]をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します
  3. メニューバーで、[ Manage ] > [ Disaster Recovery ]をクリックします。Manage Disaster Recoveryページが開き、デフォルトで DR Plans タブが表示されます。[  DR Plans  ]タブには、使用可能なDRプランの一覧が表示されます。
  4. 編集するDRプランをクリックします。
    DRプランの詳細ページが開きます。
  5. [ Summary ]タブで [ Edit ] をクリックします。 
  6. [ Edit ] ページで、以下の情報を入力します。

フィールド

説明

Plan Name
(プラン
名)

変更するDRjプランの名前です。

Description
(説明)

DRプランの説明です。

AMI Update Frequency

(AMIアップデート頻度)

AWSクラウド上の仮想マシンを復元するためのAMIアップデート操作の頻度です。 

ドロップダウンリストから次のいずれかのオプションを選択できます。

  • Immediately after backup (バックアップ直後):バックアップが正常に完了した直後に、AMIのアップデート操作が開始されます。
  • Daily (毎日):AMIアップデート操作が設定された時刻に毎日開始されます。
  • Weekly (毎週):AMIアップデート操作が設定された時刻に毎週開始されます。

Start Time
(開始
時間)

AMIアップデート操作を開始する時刻です。隣のボックスで、AMIアップデートをいつ実行するか AM (午前) か  PM (午後) を選択します。 

AMI Update Frequency ドロップダウンリストで Daily または Weekly を選択した場合に Start Timeリストが表示されます。

  1. Save ] をクリックします。
    DRプランをアップデートすると、DRプランに割り当てられている仮想マシンは設定に従ってディザスタリカバリ用にスケジュールされます。 

DRプランの削除 

不要となったDRプランは削除できます。

  1. Phoenix管理コンソールにログオンします。
  2. メニューバーの[ All Organizations ]をクリック  し、ドロップダウンリストから組織を選択します。
  3. メニューバーで、[ Manage  ] > [  Disaster  Recovery ]をクリックしますManage Disaster Recovery ページが開き、デフォルトで DR Plans タブが表示されます。DR Plan ] タブには、使用可能なDRプラン一覧が表示されます。
  4. 削除するDRプランをクリックします。
    DRプランの詳細ページが開きます。
  5. [ Summary ]タブで [ Delete ] をクリックします。 
    確認ダイアログボックスが開きます。
  6. Yes ] クリックしてDRプランの削除を続行します。

DRプランを削除すると、Phoenixはプランで定義されているスケジュールを削除します。ディザスタリカバリ用に当該DRプランに関連付けられている仮想マシンはPhoenixでスケジュールされなくなります。 

 
  • この記事は役に立ちましたか?