メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Phoenix AWSプロキシの削除と再アクティベート

  このトピックでは、Phoenix AWSプロキシの削除および再アクティブ化の手順について説明します。

Phoenix AWSプロキシの削除

管理者は、いつでもPhoenix AWSプロキシのインスタンスを削除できます。削除操作を行うと、Phoenix AWSプロキシは永続的な接続を失います。Phoenix AWSプロキシを再度有効化することができ、詳細はPhoenix AWSプロキシの再アクティベートを参照してください

:Phoenix AWSプロキシは、ポリシーまたは管理グループに割り当てられいない場合にのみ削除できます。また、割り当てられたAWSポリシーがすべて削除された場合にのみ、AWSアカウントを削除できます。 

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログオンします。
  2. メニューバーの[ All Organizations ]をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します。
  3. メニューバーで、[ Manage ] > [ Disaster Recovery ]をクリックします
  4. Manage Disaster RecoveryページでPhoenix AWS Proxiesタブをクリックします
  5. 削除するPhoenix AWSプロキシインスタンスを選択し、[ Delete ]をクリックします  

Phoenix AWSプロキシを削除すると、そのPhoenix AWSプロキシ上のすべての進行中のジョブがキャンセルされます。

Phoenix AWSプロキシの再アクティベート

以前に削除したPhoenix AWSプロキシをアクティブにするには、 Phoenix AWSプロキシを再度アクティベートする必要があります  AWSプロキシのインスタンスを再度アクティベートすると、  Phoenix AWSプロキシはPhoenix クラウドとの永続的な接続を確立します。Phoenix AWSプロキシは切断されないようになり、バックアップスケジュールに従ってESXiまたはvCenter Server全体の仮想マシンのディザスタリカバリを実行します。 

手順

  • Phoenix AWSプロキシを登録してアクティベートします。詳細については、「Phoenix AWSプロキシの登録」を参照してください  
    Phoenix AWSプロキシが再アクティベートされます。

Phoenix AWSプロキシを再起動した、/etc/init.d/Phoenix restart  コマンドを使用してPhoenix AWSプロキシのクライアントサービスを再起動します。

Phoenix AWSプロキシがオフラインで、プロキシ上でジョブが実行中またはキューイングされており、同じ仮想マシンに対して新しいジョブが起動された場合、実行中のジョブとキューに入れられたジョブはすべてキャンセルされ、同じAWSアカウントとAWSリージョン内の他のプロキシで起動されます 

  • この記事は役に立ちましたか?