メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Phoenixエージェントによるネットワークドライブのバックアップ

VersionInfo
Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

このセクションではPhoenixエージェントを使用してネットワークドライブをバックアップする方法について説明します。

Note: ドライブの割り当てに認証情報を使用するユーザーは、AdministratorsまたはBackup Operatorsグループのメンバーである必要があります。

例: サーバーBのD:\ および E:\ドライブをサーバーAに割り当て(マッピング)してバックアップする場合、AdministratorsまたはBackup OperatorsグループのメンバーであればPhoenixはこれらドライブをバックアップできます。

はじめに

  • Phoenixエージェントインストーラーをダウンロードし、ファイルサーバー上にPhoenixエージェントをインストールまたは再インストールします。

Note: エージェントがアクティベートされていることを確認します。前述のアクティベーション手順を参照してください。

割り当てられたドライブを認識するようPhoenixを設定 

  1. 新しくインストールされたPhoenixエージェントが実行されているサーバーに管理者権限でログインします。

  2. コマンドプロンプトで、以下のいずれかのコマンドを実行します。
    実行ファイルは C:\Program Files\Druva\Phoenix Agent にあります。
  • ドメイン内のサーバー向け:
1 PhoenixControl.exe configure_unc_share <Drive letter> <Network path> <Domain name>\<Username> <In plain text, password>

               例: PhoenixControl.exe configure_unc_share y: \\192.168.63.106\C$\backupData acme.local\admin acme123

  • ドメイン外のサーバー向け:
1 PhoenixControl.exe configure_unc_share <Drive letter> <Network path> <Computer name>\<Username> <In plain text, password>

                例: PhoenixControl.exe configure_unc_share y: \\192.168.63.106\C$\backupData serverUSEast\admin acme123

Note: 上記コマンドで使用するドライブ文字 (Drive letter) は、Windowsでは使用しないでください。一意の文字を使用し、バックアップポリシー内でも指定する必要があります。
例: ネットワーク共有をY:に割り当てたとします。Y:をドライブ文字には使用できず、X:のようにWindowsで使用されていないランダムなドライブ文字を指定し、そのドライブ文字 (X:) がバックアップポリシーで指定されていることを確認する必要があります。

Note: ネットワークドライブにリストアすることはできません。

 割り当てられたドライブを認識するPhoenixの設定解除

  1. ドライブが割り当てられているファイルサーバーにログインします。
  2. コマンドプロンプトで、以下のいずれかのコマンドを実行します。
    実行ファイルは C:\Program Files\Druva\Phoenix Agent にあります。
  • ドメイン内のサーバー向け
1 PhoenixControl.exe unconfigure_unc_share <Drive letter> <Network path> <Domain name>\<Username> <In plain text, password>

 例: PhoenixControl.exe unconfigure_unc_share y: \\192.168.63.106\C$\backupData acme.local\admin acme123 

  • ドメイン外のサーバー向け:
1 PhoenixControl.exe unconfigure_unc_share <Drive letter> <Network path> <Computer name>\<Username><In plain text, password>

 例: PhoenixControl.exe unconfigure_unc_share y: \\192.168.63.106\C$\backupData serverUSEast\admin acme123

Note: バックアップポリシーから割り当てられたドライブを削除する必要があります。

  • この記事は役に立ちましたか?