メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

バックアップ対象の仮想マシンの削除

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

Phoenix 管理者はいつでも、Phoenixから仮想マシンを削除できます。クラウド管理者は、いつでも仮想マシンを削除できます。グループ管理者は、管理するサーバーグループに属する仮想マシンを削除できます。

仮想マシンの削除は、以下のシナリオが考えられます。

  • 評価期間中に仮想マシンを構成し、消費されたストレージを戻したい
  • 仮想マシンを廃止予定で、データを保存する必要がなくなった
  • 仮想マシンの交換を計画しており、代替仮想マシンのバックアップで同じデータによってストレージが追加消費される可能性がある
  • 仮想マシンをバックアップする必要がなくなった
  • 仮想マシンをバックアップ対象に構成されていない別のVMware ESXiまたはvCenter Serverに移行した

仮想マシンを削除すると、Phoenixはその仮想マシンのバックアップデータをウォームストレージ (90日以内の日付) から削除して、容量を解放します。Phoenixは、この仮想マシンのすべてのスナップショットも削除します。仮想マシンを削除した後にデータをパージ (永久削除) するのに必要な時間は、バックアップされたデータのサイズによって異なります。大容量のデータの場合、Phoenixがパージ操作を完了するまで時間がかかります。

仮想マシンの削除手順

  1. Phoenix 管理コンソールのメニューバーで All Organizations をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します。
  2. Phoenix 管理コンソールのメニューバーで VMware をクリックします。登録されたすべての VMware vCenter Server および ESXi ハイパーバイザーの一覧が表示されます。
  3. 仮想マシンを削除する vCenter Server または ESXi Hypervisor をクリックします。詳細が表示されます。
  4. Configured Virtual Machines タブで、削除する仮想マシンを検索してクリックします。
  5. 仮想マシンの概要ページで More Actions > Delete をクリックします。確認ダイアログボックスが表示されます。
  6. Yes をクリックして仮想マシンを削除します。

選択した仮想マシンが削除されます。別の仮想マシンを削除する場合、この手順を繰り返します。

  • この記事は役に立ちましたか?