メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

vCenter向けバックアッププロキシ設定の再構成

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

概要

管理者は仮想環境における変更や更新のために以下のいずれかの設定を変えたい場合、vCenter Serverで管理されているESXi向けにバックアププロキシ設定を再構成することができます。

  • ネットワーク設定
  • ホスト名の変更
  • vCenter Server または ESXi の FQDN (またはIPアドレス) および認証情報の変更
  • ネットワークプロキシ設定
  • バックアッププロキシのタイムゾーン変更

バックアッププロキシの設定を適時再構成することにより、構成上の問題によって仮想マシンのバックアップが失敗しないようにすることができます。

次の方法を使用して、vCenter Serverのバックアッププロキシ設定を再構成することができます。 

Note: vSphere経由でのバックアッププロキシ再設定を選択する場合、再設定前にVMをpower offする必要があります。

vSphere Desktop Client経由のバックアッププロキシ設定の再構成

  1. vSphere Clientを使用してvCenter Serverにログインします。
  2. 左側のペインよりバックアッププロキシを再設定するVMを選択します。
  3. VMを右クリックし、PowerPower Offを選択します。
  4. Confirm Power Off スクリーンにて、Yesをクリックします。
  5. VMを右クリックし、Edit Settingsをクリックします。
    以下のVirtual Machine Propertiesページが表示されます。

  6. Optionsタブにて、Propertiesをクリックします。
  7. 仮想マシンプロパティ設定が右ペインに表示されます。必要な設定を変更します。
    フィールド  説明

    Network Settings
    (ネットワーク設定)

    Phoenix バックアッププロキシは、設定用に2つのネットワークインターフェイスカードを提供します。

    Static IPボックスを選択し、以下の情報を入力します。

    • IPアドレス
    • ネットマスク
    • ゲートウェイ
    • プライマリDNS
    • セカンダリDNS
    • ドメイン
    Hostname
    (ホスト名の変更)
    ホスト名を入力します。
    vCenter/ESXi details
    (vCenter/ESXi情報)
    バックアッププロキシが属する新しいvCenterの情報を入力します。

    Web proxy settings
    (Webプロキシ設定)

    利用環境向けにWebプロキシを設定することができます。Webプロキシを設定するには、Use Web Proxyチェックボックスを選択し、以下の情報を入力します。

    • Proxy Type: Druvaは以下のプロキシ種別をサポートします。
      • http
      • socks4
      • socks5
    • Proxy Server IP: プロキシサーバーの有効なIPアドレスです。
    • Proxy Port:  プロキシのポート番号です。
    • Username: プロキシの有効なユーザー名です。
    • Password: プロキシの有効なパスワードです。

    Note: DruvaはWebプロキシのベーシック認証のみサポートします。

    Activation
    (アクティベーション)

    Govcloud: GovCloudでバックアッププロキシをデプロイする場合はこのチェックボックスを選択してください。

    Timezone: ドロップダウンリストより指定したいタイムゾーンを選択します。

  8. OKをクリックします。

  9. 仮想マシンをパワーオンします。

vSphere Webクライアント経由のバックアッププロキシ設定の再構成

  1. vSphere Web Clientにログインします。
  2. vCenter Inventory Listsより、再設定したいバックアッププロキシのVMを選択します。
  3. VMを右クリックし、PowerPower Offを選択します。
  4. Confirm Power Off スクリーンにて、 Yesをクリックします。
  5. VMを右クリックし、Edit Settingsをクリックします。
  6. vApp Options タブにて、インベントリリストを開き必要な変更を行います。

  7. 以下の設定を必要に応じて変更します。
    フィールド  説明

    Network Settings
    (ネットワーク設定)

    Phoenix バックアッププロキシは、設定用に2つのネットワークインターフェイスカードを提供します。

    Static IPボックスを選択し、以下の情報を入力します。

    • IPアドレス
    • ネットマスク
    • ゲートウェイ
    • プライマリDNS
    • セカンダリDNS
    • ドメイン
    Hostname
    (ホスト名の変更)
    ホスト名を入力します。
    vCenter/ESXi details
    (vCenter/ESXi情報)
    バックアッププロキシが属する新しいvCenterの情報を入力します。

    Web proxy settings
    (Webプロキシ設定)

    利用環境向けにWebプロキシを設定することができます。Webプロキシを設定するには、Use Web Proxyチェックボックスを選択し、以下の情報を入力します。

    • Proxy Type: Druvaは以下のプロキシ種別をサポートします。
      • http
      • socks4
      • socks5
    • Proxy Server IP: プロキシサーバーの有効なIPアドレスです。
    • Proxy Port:  プロキシのポート番号です。
    • Username: プロキシの有効なユーザー名です。
    • Password: プロキシの有効なパスワードです。

    Note: DruvaはWebプロキシのベーシック認証のみサポートします。

    Activation
    (アクティベーション)

    Govcloud: GovCloudでバックアッププロキシをデプロイする場合はこのチェックボックスを選択してください。

    Timezone: ドロップダウンリストより指定したいタイムゾーンを選択します。

  8. OKをクリックします。
  9. 仮想マシンをパワーオンします。

CLI経由でのバックアッププロキシ再設定

  1. root権限でバックアッププロキシにログインします。
  2. 以下の数字を入力してPhoenixクラウド種別を選択します。
    1. Mainline Cloud
    2. GovCloud
  3. コマンドプロンプトにてProxyConfと入力します。バックアッププロキシ設定ページが表示されます。
  4. 利用可能なオプションから再設定したい項目を選択します。
    フィールド 説明
    1. Network Configuration
    (ネットワーク設定)
    変更するネットワーク設定を指定します (スタティックまたはDHCP)。
    2. Change hostname
    (ホスト名の変更)

    ネットワーク設定が完了したら、CentOSのホスト名を変更できます。

    • ホスト名を変更するには、プロンプト表示で新規ホスト名を入力します。
    • ホスト名を変更しない場合、そのままEnterを押します。
    3. Provide vCenter/ESXi FQDN (or IP address) and credentialsESXi FQDN (or IP address) and credentials
    (vCenter/ESXi FQDN (またはIPアドレス) と認証情報の設定)
    プロンプト表示でESXiサーバーのFQDNまたはIPアドレスを入力します。

    4. Network Proxy Settings
    (ネットワークプロキシ設定)

    環境でWebプロキシを使用している場合:

    • "Do you want to use Network Proxy Setting" というプロンプト表示で yesを入力します。以下の情報を入力します。
      フィールド 説明

      Proxy Type
      (プロキシ種別)

      Druvaは以下のプロキシ種別をサポートしています。

      • http
      • socks4
      • socks5
      Proxy Server IP
      (プロキシサーバーIP)
      プロキシサーバーの有効なIPアドレスです。
      Proxy Port
      (プロキシポート)
      プロキシのポート番号です。
      Username
      (ユーザー名)
      プロキシの有効なユーザー名です。
      Password
      (パスワード)
      プロキシの有効なパスワードです。
    • 続行するには Noを入力します。

    Note:

    • DruvaはWebプロキシのベーシック認証のみサポートしています。
    • Webプロキシ設定を後で設定したい場合、Configure Web proxyで示される手順に従ってください。

    6. Change the time zone
    (タイムゾーンの変更)

    システムのタイムゾーンを変更することができます:

     タイムゾーンを変更するには yesと入力します。

    1. 表示される地域リストからサーバーの場所に対応する番号を入力します。
    2. 表示される国の一覧からサーバーの場所に対応する番号を入力します。
    3. 選択したタイムゾーンに設定するには1を入力します。

    タイムゾーン変更後、バックアッププロキシは再起動します。

    デフォルトのタイムゾーンを使い続ける場合、noを入力します。

    Note: タイムゾーンを手動で設定することもできます。

    7. Exit
    (終了)
    完了および終了するために同期されるまで待機してください。
  5. 仮想マシンをパワーオンします。
  • この記事は役に立ちましたか?