メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

スタンドアロンESXi向けバックアッププロキシ設定の再構成

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

概要

管理者は仮想環境の変更や更新のため以下のいずれかの設定を更新する場合にスタンドアロンESXiのバックアッププロキシ設定を再構成することができます。

  • ネットワーク構成
  • ホスト名の変更
  • vCenter ServerまたはESXiのFQDN (またはIPアドレス) および認証情報の変更
  • ネットワークプロキシ設定
  • バックアッププロキシのタイムゾーン変更

バックアッププロキシの設定を適時再構成することにより、構成上の問題によって仮想マシンのバックアップが失敗しないようにすることができます。

Note: スタンドアロンESXiのバックアッププロキシ設定再構成は、CLI経由でのみ実施できます。

手順

  1. vSphere クライアントを使用してroot権限でバックアッププロキシにログインします。
  2. コマンドプロンプトでProxyConfと入力します。
  3. 以下の数字を入力してPhoenixクラウド種別を選択します。
    1. Mainline Cloud
    2. GovCloud

    バックアッププロキシ設定が画面に表示されます。

  4. バックアッププロキシ設定ページで設定するページ番号を入力し、情報を変更します。 
    フィールド 説明

    1. Network Configuration
    (ネットワーク設定)

    Phoenix バックアッププロキシは、設定用に2つのネットワークインターフェイスカードを提供します。設定のため1つのカードを選択すると、バックアッププロキシにカードを有効にするオプションが提供されます。カードが有効になると、ネットワーク設定を構成できます。 

    ネットワーク設定を行います (スタティックIP/DHCP)。

    • スタティックIPを選択した場合、以下の情報を入力します。
      • IPアドレス
      • ネットマスク
      • ゲートウェイ
      • プライマリDNS
      • セカンダリDNS
      • ドメイン
    • DHCPを選択した場合、DHCPからIPアドレスが取得されます。

    Note:  DHCP設定を選択する前に、バックアッププロキシでdhclientが動作していることを確認してください。

    2. Change hostname
    (ホスト名の変更)

    ネットワーク設定が完了したら、CentOSのホスト名を変更できます。

    • ホスト名を変更するには、プロンプト表示で新規ホスト名を入力します。
    • ホスト名を変更しない場合、そのままEnterを押します。
    3. Provide vCenter/ESXi FQDN (or IP address) and credentialsESXi FQDN (or IP address) and credentials
    (vCenter/ESXi FQDN (またはIPアドレス) と認証情報の設定)
    プロンプト表示でESXiサーバーのFQDNまたはIPアドレスを入力します。

    4. Network Proxy Settings
    (ネットワークプロキシ設定)

    環境でWebプロキシを使用している場合:

    • "Do you want to use Network Proxy Setting" というプロンプト表示で yesを入力します。以下の情報を入力します。
      フィールド 説明

      Proxy Type
      (プロキシ種別)

      Druvaは以下のプロキシ種別をサポートしています。

      • http
      • socks4
      • socks5
      Proxy Server IP
      (プロキシサーバーIP)
      プロキシサーバーの有効なIPアドレスです。
      Proxy Port
      (プロキシポート)
      プロキシのポート番号です。
      Username
      (ユーザー名)
      プロキシの有効なユーザー名です。
      Password
      (パスワード)
      プロキシの有効なパスワードです。
    • 続行するには Noを入力します。

    Note:

    • DruvaはWebプロキシのベーシック認証のみサポートしています。
    • Webプロキシ設定を後で設定したい場合、Configure Web proxyで示される手順に従ってください。

    5. Provide activation token
    (アクティベーショントークンの入力)

    プロンプト表示で、VMware環境の登録時にPhoenixで生成されたアクティベーショントークンを入力します。NTPサーバーとのVM同期が行われるまで待機してください。デフォルトでは、PhoenixバックアッププロキシはCentOS NTPサーバーと同期します。カスタムのNTPサーバーを設定したい場合、カスタムNTPサーバーの設定を参照してください。

    Note: バックアッププロキシのアクティベーションを後で行う場合、Enterキーを3回押して設定を終了してください。バックアッププロキシをアクティベートするにはTo perform a standalone activation of Backup Proxyの手順に従ってください。

    6. Change the time zone
    (タイムゾーンの変更)

    システムのタイムゾーンを変更することができます:

     タイムゾーンを変更するには yesと入力します。

    1. 表示される地域リストからサーバーの場所に対応する番号を入力します。
    2. 表示される国の一覧からサーバーの場所に対応する番号を入力します。
    3. 選択したタイムゾーンに設定するには1を入力します。

    タイムゾーン変更後、バックアッププロキシは再起動します。

    デフォルトのタイムゾーンを使い続ける場合、noを入力します。

    Note: タイムゾーンを手動で設定することもできます。

  • この記事は役に立ちましたか?