メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

Phoenixバックアッププロキシのバージョン表示

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

ここでは仮想環境で実行またはデプロイされているPheonixバックアッププロキシのバージョンを特定する方法について説明します。Phoenixエージェントまたはバックアッププロキシ・インスタンスのバージョン情報はPhoenixマスター管理コンソールで取得できます。

前提条件

vCenter server または ESXiに最新バージョンのバックアッププロキシがデプロイされていることを確認してください。

Note: 一部メジャーリリースではPhoenixバックアッププロキシ・インスタンスのアップグレードが必要です。マイナーリリースの場合、アップグレードは必要ありません。アップグレードの重要度を判断するには、リリース詳細を参照することが推奨されます。

手順

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. ドロップダウンリストからAll Organizationsを選択し、設定する組織を選択します。
  3. 組織を選択したらメニューバーから VMs > VMware をクリックします。
  4. 表示されたリストからvCenter / Hypervisor を選択します。
  5. Backup Proxy Poolタブをクリックします。
  6. 詳細を表示したいプールを選択します。

Note: バックアッププロキシがデプロイされているESXiのIPアドレスを変更すると、All Virtual MachinesConfigured Virtual MachinesページのHypervisor フィルターリストに古いIPエントリと新しいIPエントリが表示されます。バックアッププロキシページに新しいIPアドレスは表示されません。新しいIPエントリのみを表示するには、バックアッププロキシサービスを再起動する必要があります。

  • この記事は役に立ちましたか?