メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

バックアップ対象仮想マシンの再構成

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

概要

Phoenix では、次の場合に仮想マシンを再構成できます。

  • バックアップポリシーを変更する場合
  • 管理グループを変更する場合
  • バックアップコンテンツを変更する場合

仮想マシンを再構成したあと、以下のようになります。

  • 仮想マシンは関連するバックアップポリシーで定義されたスケジュールに従ってバックアップされます。
  • バックアップスナップショットは、バックアップポリシーで指定された保存期間設定に従って保持されます。
  • Phoenixは選択したバックアッププロキシプールを使用します。
  • サーバーは、仮想マシン用に選択された管理グループの Resources タブ配下に表示されます。

Note: 仮想マシンに割り当てられたストレージを変更することはできません。

前提条件

バックアップ用に仮想マシンを再構成する前に、バックアップポリシーと管理グループを作成する必要があります。

一覧ページでの仮想マシンの再構成

  1. Phoenix 管理コンソールのメニューバーで All Organizations をクリックし、ドロップダウンリストから組織を選択します。
  2. Phoenix 管理コンソールのメニューバーで VMs > VMware をクリックします。すべての登録済みハイパーバイザーの一覧が表示されます。サーバーはIPアドレスまたはドメイン名を使用して一覧表示されます。
  3. 再構成する仮想マシンをホストする vCenter Server または ESXi Hypervisor を選択します。ホストするすべての仮想マシンを一覧表示するハイパーバイザーページが表示されます。ハイパーバイザーページでは、以下のオプションが表示されます。
    • All Virtual Machines
    • Configured Virtual Machines
    • Backup Proxy Pools
    • Auto Configuration
  4. Configured Virtual Machines タブをクリックします。
  5. Configured Virtual Machines タブで、再構成したい仮想マシンを検索および選択します。
  6. ページ下部にある Reconfigure VMs をクリックします。以下のオプションがあります。
    • Change Backup Policy
      このオプションを選択すると、異なるバックアップポリシーを選択できる Change Backup Policy ダイアログが表示されます。さらにダイアログには、バックアップスケジュール、初回バックアップのバックアップ期間の虫、自動リトライ、保存期間などのバックアップポリシー設定が表示されます。バックアップポリシーのオプション詳細については、 バックアップポリシーの管理 を参照してください。
      新規バックアップポリシーを選択して Save をクリックします。 
    • Change Administrative Group
      このオプションを選択すると、Change Administrative Group ダイアログが表示され、別のグループを選択できます。別のグループを選択し、Save をクリックします。 
    • Change Backup Proxy Pool
      このオプションを選択すると、 Change Backup Proxy Pool ダイアログが表示され、別のバックアッププロキシプールを選択できます。別のバックアッププロキシプールを選択し、Save をクリックします。
      バックアッププロキシプールと負荷分散に関する詳細は、 バックアッププロキシの負荷分散 を参照してください。

仮想マシンページでの仮想マシンの再構成

  1. Phoenix管理コンソールのメニューバーでAll Organizationsをクリックし、ドロップダウンリストから設定する組織を選択します。
  2. Phoenix管理コンソールのメニューバーで VMs > VMwareをクリックします。登録されたすべてのハイパーバイザーの一覧が表示されます。サーバーはIPアドレスまたはドメイン名を使用して一覧表示されます。
  3. 再構成する仮想マシンをホストする vCenter Server または ESXi Hypervisor を選択します。ホストするすべての仮想マシンを一覧表示するハイパーバイザーページが表示されます。ハイパーバイザーページでは、以下のオプションが表示されます。
    • All Virtual Machines
    • Configured Virtual Machines
    • Backup Proxy Pools
    • Auto Configuration
  4. Configured Virtual Machines タブをクリックします。
  5. Configured Virtual Machines タブで、再設定したい仮想マシンを検索およびクリックします。
  6. 仮想マシンページで Reconfigure VM for Backupをクリックします。Reconfigure VM for Backupウィザードが表示されます。
  7. 設定ウィザードの Backup Settings セクションで、以下の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Administrative Group Phoenix では、リソース管理を行いやすくするためにグループを作成できます。たとえば、LinuxをゲストOSとして使用するすべての仮想マシンに対する管理グループを作成できます。その後、管理グループページを使用してそのすべてのサーバーに直接アクセスできます。

    このフィールドでは次のいずれかの操作を実行できます。
    • 既存の管理グループを選択する
    • 新しい管理グループを作成する
    Create New Group をクリックすると、 Create New Administrative Group ウインドウが表示されます。管理グループの名前と説明を入力します。たとえば、
    • Name フィールドに Linux Virtual Machinesと入力します。
    • Description フィールドに「LinuxゲストOSを搭載したすべての仮想マシンの管理グループ」と入力します。
      管理グループの名前と説明を入力したら、Save をクリックします。Save をクリックすると、作成したグループをオプションとして選択した構成ウィザードが再表示されます。 
    Backup Policy Phoenixのバックアップポリシーは以下を定義します。
    • Backup Schedule (バックアップスケジュール)
      バックアップスケジュールでは以下を設定します。
      • Phoenixがバックアップを開始する曜日、時刻
      • Phoenixがバックアップジョブを実行する期間を指定するバックアップ期間 
      • バックアップジョブで使用可能な帯域
    • Ignore backup duration for first backup (初回バックアップのバックアップ期間を無視)
      Phoenixが最初のジョブのバックアップ期間を無効化するかどうかを指定します。通常、初回ジョブでは大量のデータがスキャンされてアップロードされ、2回目以降の増分バックアップジョブよりも長く続きます。このオプションのデフォルトおよび推奨設定は Yes です。
    • Automatic Retry (自動リトライ)
      バックアップジョブが失敗した場合の動作を指定できます。ネットワーク障害のような問題でバックアップジョブが失敗した場合、Phoenixはバックアップジョブ開始を再試行することができます。再試行回数の選択と、Phoenixがバックアップジョブ開始を再試行するまでの間隔を指定できます。 
    • Retention (保存期間)
      スナップショットがクラウドに保持される期間を指定します。
    • Auto-enable CBT
      PhoenixはVMwareの変更ブロック追跡 (CBT) 機能を使用してデータスキャンを最適化します。PhoenixでAuto-enable CBT (CBTの自動有効化) を有効にすると、CBT有効化を試行します。Yesがデフォルトの設定です。
    • Enable VMware tools quiescing
      VMware tools quiescing (VMwareツールの静止) により、仮想マシンはバックアップ準備完了状態になります。ツールの静止は、Phoenixがスナップショットを作成するときに不要なエラーを回避します。Phoenixは設定が有効になっている場合、VMwareツールの静止を試行します。Yesがデフォルトの設定です。

    作成済みのバックアップポリシーを選択するか、Create New Backup Policy ボタンで新しいバックアップポリシーを作成することができます。

    Create New Backup Policy ボタンをクリックすると、以下のタブとともに Create New Backup Policy: Hyper-V ウィザードが表示されます。

    • Summary
      バックアップポリシーの名前と説明を入力します。たとえば、
      • Name: VMware backup policy
      • 説明: VMware 仮想マシン向けのバックアップポリシー 
    • Backup Schedule
      上記で説明したバックアップスケジュール、初回バックアップのバックアップ期間の無視、自動リトライ設定を指定します。 
    • Retention
      Phoenixで仮想マシンのスナップショットを保持する期間を指定します。 
    • VMware Settings
      以下のVMware機能を有効化します。
      • Auto-enable CBT
      • VMware Tools Quiescing
    Backup Settings セクションでオプションを選択したら、Nextをクリックします。 
  8. コンフィグレーションウィザードの Backup Proxy Pool セクションで、バックアッププロキシプールを選択します。バックアッププロキシプールは、vCenterまたはESXiサーバーにデプロイされたバックアッププロキシの集合です。Phoenixはデフォルトバックアッププロキシプールを提供し、バックアッププロキシがハイパーバイザーにデプロイされるとデフォルトバックアッププロキシプールに追加されます。複数バックアッププロキシがプール内で利用可能な場合、Phoenixは複数バックアッププロキシを使用して同時にデータをスキャンおよびアップロードしてバックアップジョブを最適化します。デフォルトバックアッププロキシプールを選択するか、ユーザー作成のプールを選択できます。バックアッププロキシプールの詳細については バックアッププロキシの負荷分散 を参照してください。
  9. バックアッププロキシプールを選択したら、Finish をクリックします。

バックアップ対象として構成された仮想マシンはConfigured Virtual Machinesタブに表示されます。再構成された仮想マシンはバックアップポリシーで定義されたスケジュールに従ってバックアップされます。仮想マシン名をクリックして詳細を表示することができます。

構成ルールが適用されているvCenterフォルダーで作成された個々の仮想マシンを再構成すると、そのフォルダーはルールの除外リストに追加されます。

Note新しいサーバーグループとストレージが異なるサーバーグループに仮想マシンが割り当てられていた場合、再構成は失敗します。たとえば、仮想マシンがUS-Westのストレージが選択されたサーバーグループに割り当てられていた場合、US-Eastのストレージが選択された新しいサーバーグループに仮想マシンを割り当てようとすると再構成は失敗し、エラーメッセージが表示されます。

ルールを使用して仮想マシンを再構成するとき、ルールで指定されたサーバーグループが別のストレージを使用している場合、再構成は失敗します。たとえば、仮想マシンVM1とVM2をvCenter環境のフォルダーVMFD1に追加するとします。ストレージUS-Westを使用するサーバーグループG1にVM1とVM2を割り当てます。その後ストレージUS-Eastを使用するサーバーグループG2を使用する自動構成ルールR1をフォルダーVMFD1に対して作成します。ルールR1ではExclude already configured VMsを無効化し、ルールが適用されたときにフォルダー内のすべての仮想マシンの自動構成を行えるようにします。

ルールR1がフォルダーVMFD1に適用される場合:

  • ストレージが異なるため再構成が失敗し、VM1とVM2はUS-Westを使用するサーバーグループG1に割り当てられたままになります。
  • 手動再構成の場合と同じエラーメッセージは表示されません。

 

  • この記事は役に立ちましたか?