メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

サーバー、仮想マシン、サーバーグループ、ポリシーについて

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

 本項では、サーバー設定のさまざまな面について説明します。仮想マシンをバックアップ対象に構成するには、以下を行います。

  • vCenter Server または ESXi ホストを登録する
  • Phoenix がサーバー内のすべての仮想マシンを検出できるようにする
  • 仮想マシンを選択してサーバーグループに割り当て、バックアップポリシーと保存ポリシーをサーバーグループに適用する。

サーバー

サーバーまたは登録済みサーバーは、仮想マシンをホストし、Phoenixバックアッププロキシがデプロイされるシステムです。サーバーは選択した組織の配下に登録されます。

仮想マシン

サーバーが登録されると、バックアッププロキシはサーバー上でホストされているすべての仮想マシンを検出します。仮想マシンにアクセスするには、Phoenix管理コンソールのトップメニューバーから、組織を選択 > Servers VMWare > IPアドレスまたはドメイン名を使用して登録された vCenter または ESXi ホストを選択します。Servers ページには、サーバー上でホストされるすべての仮想マシン一覧が表示されます。 

Note: vCenter/ESXi サーバーを登録し、仮想マシンをバックアップ対象に構成します。

管理グループ

Phoenix は、仮想マシンをグループ化して管理しやすくします。たとえば、LinuxゲストOSの全仮想マシンをグループ化できます。

バックアップポリシー

Phoenixのバックアップポリシーは、以下を定義します。

  • サーバーでバックアップジョブが実行されるタイミング
  • エージェントが使用できる帯域を指定します。
  • バックアップジョブが開始される時間
  • エージェントがバックアップジョブを実行できる帯域
  • スナップショットが保持される期間を指定する保存期間。バックアップジョブが正常に完了すると、仮想マシンのスナップショットが作成されます。保存期間は、スナップショットが保持される期間を指定します。
  • Phoenix がネットワーク障害のような問題で失敗した場合、バックアップジョブの開始を再試行させるかどうか
  • PhoenixがVMware設定を有効化するかどうか

最初の仮想マシンを構成する場合、次の作業が必要です。

  1. 仮想マシンの選択
  2. ストレージの選択
  3. 管理グループの選択または作成
  4. バックアップポリシーの選択または作成

作成する管理グループとバックアップポリシーは、サーバーを登録する組織に固有のものです。サーバーを構成すると、新しい管理グループバックアップポリシーを作成することができます。さらに、事前に管理グループとバックアップポリシーを作成し、バックアップ対象に仮想マシンを構成するときに使用することができます。

 

  • この記事は役に立ちましたか?