メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

仮想ディスクのリストア

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

  1. Phoenix 管理コンソールにログインします。
  2. メニューバーで VMware をクリックします。
  3. VMware ウインドウで、リストアしたい vCenter またはハイパーバイザーを選択します。
  4. Configured Virtual Machines タブで、リストアしたい仮想マシンを選択します。
  5. Restore をクリックし、一覧からスナップショットを選択します。
    • Hot snapshots: 左ペインで Hot を展開し、復元するスナップショットをクリックします。 
    • Warm snapshots: 左ペインで Warm を展開し、復元するスナップショットをクリックします。
    • Thawed snapshots:  左ペインで Thawed を展開し、復元するスナップショットをクリックします。
  6. Restore Data ウインドウの Virtual Disk リストから、リストアしたい仮想ディスクを選択し、 Disk Restore をクリックします。

    フィールド 説明
    Destination VMware Setup ドロップダウンリストから、仮想マシンを復元するVMware環境を選択します。
    Destination Hypervisor ドロップダウンリストから、この仮想マシンを復元するESXiハイパーバイザーを選択します。
    Destination Datastore ドロップダウンリストから、この仮想マシンを復元するデータストアを選択します。
    Available space リストア用にサーバー上で利用可能な容量について記述します。 
    サーバー上で利用可能な容量がリストアジョブを完了するのに十分であることを確認します。
    Backup Proxy Pool ドロップダウンリストから、バックアッププロキシプールを選択します。リストア先のハイパーバイザーにローカル接続されているバックアッププロキシを含むバックアッププロキシプールを選択することが推奨されます。
  7. Next をクリックします。

  8. リストア詳細を確認し、Finish をクリックします。

 Note: リストアが完了したら、以下のシナリオを検討します。

  • フル仮想マシンリストアを選択した場合、Phoenixは <元の仮想マシン名>_<カウンター> という名前形式で元の仮想マシンと同じ構成の新しい仮想マシンを作成します。このカウンターは、仮想マシンのリストアごとに1を加算します。たとえば、Test Virtual Machine という名前の仮想マシンを最初にリストアする場合、Phoenix は Test Virtual Machine_1 という仮想マシンを作成します。2回目のリストアでは、Phoenixは Test Virtual Machine_2 という仮想マシンを作成します。
  • 仮想ディスクの復元を選択すると、最小構成 (100 MB および 1 CPU) の新しい仮想マシンが作成され、選択したVMDKファイルが関連付けられます。仮想ディスクが起動可能でない場合は、設定は関係ありません。
  • この記事は役に立ちましたか?