メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

別の場所への仮想マシンのリストア

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

仮想マシンは元のvCenterまたは新しいvCenterにリストアでき、デフォルトでは元のvCenterが選択されています。バージョン3.1以降のバックアッププロキシが1つ以上存在する、新しく登録されたvCenterに仮想マシンを復元することもできます。  

別の場所への仮想マシンのリストア手順

  1. Phoenix 管理コンソールにログインします。
  2. メニューバーで VMware をクリックします。
  3. VMware ウインドウで、リストアしたい vCenter またはハイパーバイザーを選択します。
  4. Configured Virtual Machines タブで、リストアしたい仮想マシンを選択します。
  5. Restore をクリックし、一覧からスナップショットを選択します。
    • Hot snapshots: 左ペインで Hot を展開し、復元するスナップショットをクリックします。 
    • Warm snapshots: 左ペインで Warm を展開し、復元するスナップショットをクリックします。
    • Thawed snapshots:  左ペインで Thawed を展開し、復元するスナップショットをクリックします。
  6.  Full VM Restore をクリックします。
  7. Alternate Location を選択し、復元先のリストア場所について情報を入力します。

     
    フィールド 説明
    Destination VMware Setup ドロップダウンリストから、仮想マシンを復元するVMware環境を選択します。
    Destination Hypervisor ドロップダウンリストから、この仮想マシンを復元するESXiハイパーバイザーを選択します。
    Destination Datastore ドロップダウンリストから、この仮想マシンを復元するデータストアを選択します。
    Available space リストア用にサーバー上で利用可能な容量について記述します。 
    サーバー上で利用可能な容量がリストアジョブに対して十分であることを確認します。
    Backup Proxy Pool vCenter Serverで使用可能なバックアッププロキシプールを一覧表示します。
    リストア先のハイパーバイザーにローカル接続されているバックアッププロキシを含むバックアッププロキシプールを選択することが推奨されます。
  8. Next をクリックします。
  9. リストア詳細を確認し、Finish をクリックします。

  • この記事は役に立ちましたか?