メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

元の場所への仮想マシンのリストア

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

概要

元の場所へのリストア時には、仮想マシンはリストア前と同じデータストアおよびESXiにリストアされます。元の仮想マシンは上書きされます。復元先の仮想マシンにバックアップ時に存在しなかった新しいVMディスクが接続されている場合、それらディスクは切り離されます。

Note: 元の場所への仮想マシンのリストアは、Guest Repair (ゲストによる修復) 操作です。これには、復元操作中に元の仮想マシンが存在している必要があります。

フル仮想マシンリストアに関する考慮事項

  • 仮想マシンのリストア時にバックアップされていない新しいVMDKが接続されている場合、それらVMDKはすべて仮想マシンから切り離されます。
  • 仮想マシンに独立ディスクが接続されている場合、それらは元の場所に復元された後に切り離されます。
  • 仮想マシンでバックアップ済みディスクが切り離された場合、それらは ‘<元のvmdk名>_phoenix_ <タイムスタンプ>.vmdk’ という名前に変更されます。
  • 古いコントローラーが復元先の仮想マシンから切り離されている場合、リストア後に再び接続されますが、復元先の仮想マシンに新しいコントローラーが接続されている場合は、そのまま残ります。
  • コントローラーの種別が変更された場合、復元後もそのままになります。
  • すべてのユーザースナップショットは、元の場所に復元された後に削除されます。
  • vRDM ディスクの場合:
    • vCenterに登録されているバックアッププロキシの場合、vRDMが復元時に切り離されると、 ‘<original_vmdk_name>_phoenix_ <timestamp>.vmdk’ という名前でシックディスクが作成され、vRDMディスクはそのまま残ります。
    • スタンドアロンESXに登録されているバックアッププロキシの場合、切り離されたvRDMディスクは ‘<original_vmdk_name>_phoenix_ <timestamp>.vmdk’  という名前に変更され、切り離されたvRDMディスクの代わりに新しいシックディスクが作成されます。

Note: vRDMディスクを持つ仮想マシンを元の場所に復元することができます。vRDMディスクが復元前に切り離されていない場合、vRDMとして復元されます。

  • 仮想マシンにpRDMディスクが追加されている場合、pRDMディスクは復元後に切り離されません。
  • 仮想マシンの CBT 状態は変更されません。
  • 上記以外のメモリ、CPU、CD-ROMデバイスなど、仮想マシンの全設定は元の状態に復元されません。
  • 同じプロキシ上の同じエージェントで実行中のバックアップがある場合、元の場所へのリストア要求はキューに入れられます。

手順

  1. Phoenix 管理コンソールにログインします。
  2. メニューバーで VMware をクリックします。
  3. VMware ウインドウで、リストアしたい vCenter またはハイパーバイザーを選択します。
  4. Configured Virtual Machines タブで、リストアしたい仮想マシンを選択します。
  5. Restore をクリックし、一覧からスナップショットを選択します。
    • Hot snapshots: 左ペインで Hot を展開し、復元するスナップショットをクリックします。 
    • Warm snapshots: 左ペインで Warm を展開し、復元するスナップショットをクリックします。
    • Thawed snapshots:  左ペインで Thawed を展開し、復元するスナップショットをクリックします。
  6.  Full VM Restore をクリックします。
  7. Original Location を選択します。
  8. Next をクリックします。
  9. リストア詳細を確認し、Finish をクリックします。

Finish をクリックすると、起動されたリストア要求は次のいずれかの方法で処理されます。

  • 復元先の仮想マシンでバックアップまたはリストア要求が実行されていない場合: 起動されたリストア要求が処理されます。
  • 復元先の仮想マシンがバックアップ要求を処理している場合: 次のメッセージが画面に表示されます。
    • Yes を選択すると、進行中のバックアップはキャンセルされ、リストア要求が起動します。Jobs ページに、このバックアップがキャンセルされた旨表示され、エラー PHOENIX247 が表示されます。エラーに関する詳細は Phoenix errors を参照してください。
    • No を選択すると、起動されたリストア要求がキャンセルされ、リストア画面に戻ります。
  • 復元先の仮想マシンがすでにリストア要求を処理している場合: 同じ仮想マシン上で2つのリストア要求を同時に実行できないため、次のメッセージが画面に表示されます。
  • この記事は役に立ちましたか?