メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

仮想マシンのバックアップ設定

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

VMware環境をPhoenixに登録すると、PhoenixはバックアッププロキシによりVMware環境で使用可能な仮想マシンを検出し、Phoenix管理コンソールに表示します。

Phoenix管理者は、バックアップ設定する必要のある仮想マシンを選択することができます。

バックアップ用に仮想マシンを構成するには以下を行います。

  1. 仮想マシンをサーバーグループに割り当てます。
  2. 仮想マシンをバックアッププロキシプールに割り当てます。

以下のいずれかの形式で仮想マシンのバックアップを構成することができます。

  • スケジュールされたバックアップを行う単一仮想マシン
  • 同じバックアップスケジュールに従う単一の仮想マシングループ
  • 複数の仮想マシングループ。各グループは異なるバックアップスケジュールに従う。

前提条件

バックアップ対象に仮想マシンを構成するときに、新しいサーバーグループを作成することもできます。サーバーグループを事前作成することで、仮想マシンのバックアップを迅速に構成できます。

既存サーバーグループを使用したバックアップ対象仮想マシンの構成

  1. Phoenix管理コンソールのメニューバーでAll Organizationsをクリックし、設定したい組織をドロップダウンリストから選択し、VMwareへ移動します。
    登録されたすべてのVMware vCenterサーバーとESXiハイパーバイザーの一覧が表示されます。
  2. 仮想マシンをバックアップ対象に設定したいvCenterサーバーまたはESXiハイパーバイザーをクリックします。
    All virtual machinesタブに選択したvCenterサーバーまたはESXiハイパーバイザー上で管理されるすべての仮想マシンが一覧表示されます。
  3. All virtual machinesタブでバックアップ対象に設定したい仮想マシンを検索して選択します。
    仮想マシンがバックアップ対象として構成可能かをConfiguration Status列で確認できます。
  4. Configure VM for Backupをクリックします。
  5. Configure VM for Backupウィザードが表示されます。
    選択した仮想マシンに割り当てるサーバーグループを作成済みである場合、以下の手順に従います。
  • Attach to an existing server groupオプションを選択し、ドロップダウンリストからServer Group選択し、Nextをクリックします。
  • Assign Backup Proxy Poolページで、リストから適切なバックアッププロキシプールを選択し、Nextをクリックします。
  • 設定のサマリーを閲覧し、Finishをクリックします。選択した仮想マシンがバックアップ対象に構成されました。
    仮想マシンは選択したサーバーグループに関連付けられたバックアップポリシーで定義されたスケジュールに従ってバックアップが実施されます。

新規サーバーグループを使用したバックアップ対象仮想マシンの構成

  1. Phoenix管理コンソールのメニューバーでAll Organizationsをクリックし、設定したい組織をドロップダウンリストから選択し、VMwareへ移動します。
    登録されたすべてのVMware vCenterサーバーとESXiハイパーバイザーの一覧が表示されます。
  2. 仮想マシンをバックアップ対象に設定したいvCenterサーバーまたはESXiハイパーバイザーをクリックします。
    All virtual machinesタブに選択したvCenterサーバーまたはESXiハイパーバイザー上で管理されるすべての仮想マシンが一覧表示されます。
  3. All virtual machinesタブでバックアップ対象に設定したい仮想マシンを検索して選択します。
    仮想マシンがバックアップ対象として構成可能かをConfiguration Status列で確認できます。
  4. Configure VM for Backupをクリックします。
  5. Configure VM for Backupウィザードが表示されます。
  6. Attach to a new server groupオプションを選択し、Nextをクリックします。
  7. Add Server Groupページで以下の情報を入力します。
    フィールド 説明
    Server Group Name ユニークなサーバーグループの名前を指定します。

    Storage

    バックアップしたサーバーデータが保存されるPhoenixストレージを選択します。

    Note: 一度ストレージを選択すると、後でこのサーバーグループに割り当てたストレージを変更することはできません。

    Backup Policy

    ドロップダウンリストから適切なバックアップポリシーを選択します。バックアップポリシーはバックアップスケジュールを定義します。詳細はバックアップポリシーの設定を参照してください。

    新規バックアップポリシーを作成したい場合、Create Newをクリックします。Add Backup Policyページにリダイレクトします。VMwareバックアップポリシーの追加に記載された手順に従って新規バックアップポリシーを作成します。

    Retention Policy

    ドロップダウンリストから適切な保存ポリシーを選択します。保存ポリシーはサーバーグループに対して日次、週次、月次、年次スナップショットを保持する数を定義します。詳細は 保存ポリシーの設定を参照してください。

    新規保存ポリシーを作成したい場合、Create Newをクリックします。Add Retention Policyページにリダイレクトします。保存ポリシーの追加に記載された手順に従って新規保存ポリシーを作成します。

  8. Nextをクリックします。
  9. Assign Backup Proxy Poolページでリストからバックアッププロキシプールを選択しNextをクリックします。
  10. 設定サマリーを確認してFinishをクリックします。
    選択した仮想マシンがバックアップ対象として構成されました。

バックアップ対象として構成された仮想マシンはConfigured Virtual Machinesタブに表示されます。仮想マシンは選択したサーバーグループに関連付けられたバックアップポリシーで定義されたスケジュールに従ってバックアップされます。構成済みの仮想マシン詳細はView VMware Detailsページで確認できます。

  • この記事は役に立ちましたか?