メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

vCenter Webクライアントを使用したバックアッププロキシのデプロイと構成

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

はじめに

はじめに、以下を確認します。

  • 以下の情報を持っていること。 
    • vCenter認証情報
    • Webプロキシの認証情報 (環境内でWebプロキシを使用している場合)
    • アクティベーショントークン。詳細はアクティベーショントークンの生成を参照してください。
    • IP設定

Note: vCenter経由によるバックアッププロキシの設定はvCenterデスクトップ/Webクライアントを使用してのみ利用でき、スタンドアロンESXiの場合は利用できません。これはvCenterがOVFデプロイメント中に受信するパラメーターを一時的に保存する機能があるためです。

OVFテンプレートのダウンロードに関する詳細は、ご利用のVMware環境に応じて関連するVMwareドキュメントを参照してください。たとえば、vSphere 5ドキュメントライブラリーはこちらを参照してください。

バックアップしたいVMがあるvCenter Server上にバックアッププロキシをデプロイできます。vCenter Serverをデプロイしていない場合、スタンドアロンのESXiホストにバックアッププロキシをデプロイすることができます。バックアップされるVMが置かれたのと同じvCenter ServerまたはESXiホスト上にバックアッププロキシのデプロイする必要があります。

手順

  1. vSphere Web Clientにログインします。
  2. 左のペインで、VMs and Templatesをクリックします。
  3. vCenter Serverスクリーンにて、 Actions > Deploy OVF Templateをクリックします。

     | 大きな図で表示 |

  4. Select sourceボックスにて、ダウンロードしたOVFテンプレートのフルパスを入力または選択するか、OVFテンプレートをブラウズし、Nextをクリックします。

  5. OVFテンプレート情報を確認し、Nextをクリックします。

  6. エンドユーザーライセンス使用許諾 (EULA) に同意するためAcceptをクリックし、Nextをクリックします。
  7. Name ボックスにて、テンプレートの名前を入力します。
    Select folder or datacenterにてインベントリツリーを開き、場所をクリックし、Nextをクリックします。

  8. バックアッププロキシをデプロイしたいホストまたはクラスタを選択し、Nextをクリックします。

  9. リソースプールのリストより、この仮想マシンに割り当てたいリソースプールをクリックし、Nextをクリックします。

  10. プロビジョニングフォーマットを選択します。
    • Thick Provisioned Lazy Zeroed: このフォーマットを選択する場合、シックバーチャルディスクが作成され、既存データはレイジーゼロ化 (プロビジョニングされたストレージ上の既存データは、最初にVMがストレージに書き込むときにクリア) されます。
    • Thick Provisioned Eager Zeroed: このフォーマットを選択する場合、シックバーチャルディスクが作成され、既存データはイーガーゼロ化 (プロビジョニングされたストレージ上の既存データは、VMが作成されたときにゼロで上書き) されます。
    • Thin Provisioned: このフォーマットを選択する場合、シンディスクが作成されます。
  11. 保存先ストレージを選択し、 Nextをクリックします。
    ストレージプロファイルを作成した場合、仮想マシンに割り当てるストレージプロファイルをクリックします。 
    ストレージのリストより、このVMの保存先ストレージとして設定するストレージを選択します。

    Note: バックアッププロキシはvCenter ServerまたはESXiハイパーバイザーのデフォルトネットワークマッピング設定を使用します。

  12. 送信元 (source) と宛先 (destination) ネットワークを選択し、Nextをクリックします。  
  13. Propertiesスクリーンにて、インベントリを開き以下の情報を入力します。
    フィールド  説明

    Network Settings
    (ネットワーク設定)

    Phoenix バックアッププロキシは、設定用に2つのネットワークインターフェイスカードを提供します。

    Static IPボックスを選択し、以下の情報を入力します。

    • IPアドレス
    • ネットマスク
    • ゲートウェイ
    • プライマリDNS
    • セカンダリDNS
    • ドメイン
    Hostname
    (ホスト名の変更)
    ホスト名を入力します。

    vCenter/ESXi details
    (vCenter/ESXi情報)

     

    バックアッププロキシが属するvCenterの情報を入力します。

    • vCenter または ESXi の FQDN
    • ユーザー名
    • パスワード

    Desktop vSphere クライアントを使用して vCenter にログインするために使用した形式であることを確認してください。たとえば、vCenter がドメインに接続されている場合、以下の形式でユーザー名を指定する必要があります。

    <domain\username>

    Web proxy settings
    (Webプロキシ設定)

    利用環境向けにWebプロキシを設定することができます。Webプロキシを設定するには、Use Web Proxyチェックボックスを選択し、以下の情報を入力します。

    • Proxy Type: Druvaは以下のプロキシ種別をサポートします。
      • http
      • socks4
      • socks5
    • Proxy Server IP: プロキシサーバーの有効なIPアドレスです。
    • Proxy Port:  プロキシのポート番号です。
    • Username: プロキシの有効なユーザー名です。
    • Password: プロキシの有効なパスワードです。

    Note: DruvaはWebプロキシのベーシック認証のみサポートします。

    Activation
    (アクティベーション)

    Activation Token: VMware環境の登録時に取得したアクティベーショントークンです。 

    Govcloud: GovCloudでバックアッププロキシをデプロイする場合はこのチェックボックスを選択してください。

    Timezone: ドロップダウンリストより指定したいタイムゾーンを選択します。

  14. Nextをクリックします。
  15. デプロイ後に仮想マシンをスタートするには、Power on after deploymentを選択します。

  16. サマリーを確認し、Finishをクリックします。
    UI上でバックアッププロキシが確認できます。

 

  • この記事は役に立ちましたか?