メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

スタンドアロンESXiへのバックアッププロキシのデプロイと構成

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

はじめに

はじめに、以下を確認します。

Note:  OVFテンプレートのダウンロードに関する詳細は、ご利用のVMware環境に応じて関連するVMwareドキュメントを参照してください。たとえば、vSphere 5ドキュメントライブラリーはこちらを参照してください。

バックアップしたいVMがあるvCenter Server上にバックアッププロキシをデプロイできます。vCenter Serverをデプロイしていない場合、スタンドアロンのESXiホストにバックアッププロキシをデプロイすることができます。バックアップされるVMが置かれたのと同じvCenter ServerまたはESXiホスト上にバックアッププロキシのデプロイする必要があります。

バックアッププロキシのデプロイ

  1. vSphere Clientを使用してESXiにログインします。
  2. Fileメニューより、Deploy OVF Templateをクリックします。

  3. Deploy from a file or URLボックスで、ダウンロードしたOVFテンプレートのフルパスを入力または選択し、Nextをクリックします。
  4. OVFテンプレート情報を確認し、Nextをクリックします。 
  5. エンドユーザーライセンス使用許諾 (EULA) に同意するためAcceptをクリックし、Nextをクリックします。 
  6. Nameボックスにて、テンプレートの名前を入力し、Nextをクリックします。
  7. リソースプールのリストより、この仮想マシンに割り当てたいリソースプールをクリックし、Nextをクリックします。
  8. 保存先ストレージを選択し、Nextをクリックします。
    ストレージプロファイルを作成した場合、仮想マシンに割り当てるストレージプロファイルをクリックします。 
    ストレージのリストより、このVMの保存先ストレージとして設定するストレージを選択します。  
  9. 以下のプロビジョニングフォーマットを選択し、Nextをクリックします。 
    • Thick Provisioned Lazy Zeroed: このフォーマットを選択する場合、シックバーチャルディスクが作成され、既存データはレイジーゼロ化 (プロビジョニングされたストレージ上の既存データは、最初にVMがストレージに書き込むときにクリア) されます。
    • Thick Provisioned Eager Zeroed: このフォーマットを選択する場合、シックバーチャルディスクが作成され、既存データはイーガーゼロ化 (プロビジョニングされたストレージ上の既存データは、VMが作成されたときにゼロで上書き) されます。
    • Thin Provisioned: このフォーマットを選択する場合、シンディスクが作成されます。
    Note: バックアッププロキシはvCenter ServerまたはESXiハイパーバイザーのデフォルトネットワークマッピング設定を使用します。
  10. デプロイ後に仮想マシンをスタートするには、Power on after deploymentを選択します。
  11. サマリーを確認し、Finishをクリックします。 

バックアッププロキシを設定する前に、以下を確認します。

  • ESXiのroot認証情報が手元にあること。ESXiサーバーのFQDNやIPアドレスのどちらも設定できます。

    Note: バックアッププロキシはこれら認証情報を暗号化形式で保存します。

  • ESXiホストのポート443がhttp/httpsトラフィック用に設定されていることを確認してください。バックアッププロキシは登録されたESXiホストとポート443上で通信します。 

Note: スタンドアロンESXiのバックアッププロキシ設定はCLI経由でのみ設定することができます。vCenter経由によるバックアッププロキシの設定はvCenterデスクトップ/Webクライアントを使用してのみ利用でき、スタンドアロンESXiの場合は利用できません。これはvCenterがOVFデプロイメント中に受信するパラメーターを一時的に保存する機能があるためです。

バックアッププロキシの設定

  1. vSphere Clientコンソールからバックアッププロキシ仮想マシンをスタートします。
  2. デフォルトのユーザー名とパスワードを使用してVMにログインします。
    Note: デフォルトのユーザー名はroot、デフォルトのパスワードはdruvaphoenixです。
  3. プロンプトが表示されたら、パスワードを再設定します。
  4. Welcome スクリーンにて、GovCloudまたは通常のクラウドかを選択します。
  5. Backup Proxy settings ページにて、設定したいページ番号を入力し、以下の情報を入力します。
    フィールド  説明

    1. Network Configuration
    (ネットワーク設定)

    Phoenix バックアッププロキシは、設定用に2つのネットワークインターフェイスカードを提供します。設定のため1つのカードを選択すると、バックアッププロキシにカードを有効にするオプションが提供されます。カードが有効になると、ネットワーク設定を構成できます。 

    ネットワーク設定を行います (スタティックIP/DHCP)。

    • スタティックIPを選択した場合、以下の情報を入力します。
      • IPアドレス
      • ネットマスク
      • ゲートウェイ
      • プライマリDNS
      • セカンダリDNS
      • ドメイン
    • DHCPを選択した場合、DHCPからIPアドレスが取得されます。

    Note:  DHCP設定を選択する前に、バックアッププロキシでdhclientが動作していることを確認してください。

    2. Change hostname
    (ホスト名の変更)

    ネットワーク設定が完了したら、CentOSのホスト名を変更できます。

    • ホスト名を変更するには、プロンプト表示で新規ホスト名を入力します。
    • ホスト名を変更しない場合、そのままEnterを押します。
    3. Provide vCenter/ESXi FQDN (or IP address) and credentialsESXi FQDN (or IP address) and credentials
    (vCenter/ESXi FQDN (またはIPアドレス) と認証情報の設定)
    プロンプト表示でESXiサーバーのFQDNまたはIPアドレスを入力します。

    4. Network Proxy Settings
    (ネットワークプロキシ設定)

    環境でWebプロキシを使用している場合:

    • "Do you want to use Network Proxy Setting" というプロンプト表示で yesを入力します。以下の情報を入力します。
      フィールド 説明

      Proxy Type
      (プロキシ種別)

      Druvaは以下のプロキシ種別をサポートしています。

      • http
      • socks4
      • socks5
      Proxy Server IP
      (プロキシサーバーIP)
      プロキシサーバーの有効なIPアドレスです。
      Proxy Port
      (プロキシポート)
      プロキシのポート番号です。
      Username
      (ユーザー名)
      プロキシの有効なユーザー名です。
      Password
      (パスワード)
      プロキシの有効なパスワードです。
    • 続行するには Noを入力します。

    Note:

    • DruvaはWebプロキシのベーシック認証のみサポートしています。
    • Webプロキシ設定を後で設定したい場合、Configure Web proxyで示される手順に従ってください。

    5. Provide activation token
    (アクティベーショントークンの入力)

    プロンプト表示で、VMware環境の登録時にPhoenixで生成されたアクティベーショントークンを入力します。NTPサーバーとのVM同期が行われるまで待機してください。デフォルトでは、PhoenixバックアッププロキシはCentOS NTPサーバーと同期します。カスタムのNTPサーバーを設定したい場合、カスタムNTPサーバーの設定を参照してください。

    Note: バックアッププロキシのアクティベーションを後で行う場合、Enterキーを3回押して設定を終了してください。バックアッププロキシをアクティベートするにはTo perform a standalone activation of Backup Proxyの手順に従ってください。

    6. Change the time zone
    (タイムゾーンの変更)

    システムのタイムゾーンを変更することができます:

     タイムゾーンを変更するには yesと入力します。

    1. 表示される地域リストからサーバーの場所に対応する番号を入力します。
    2. 表示される国の一覧からサーバーの場所に対応する番号を入力します。
    3. 選択したタイムゾーンに設定するには1を入力します。

    タイムゾーン変更後、バックアッププロキシは再起動します。

    デフォルトのタイムゾーンを使い続ける場合、noを入力します。

    Note: タイムゾーンを手動で設定することもできます。

    7. Exit
    (終了)
    完了および終了するために同期されるまで待機してください。

Note: バックアッププロキシVMのデフォルトパスワードをリセットすると、/opt/Druva/Phoenix/bin/にあるProxyConfユーティリティが呼び出されます。ProxyConfユーティリティは4から6までのタスク実行中に入力を求めるプロンプトを表示し、バックアッププロキシの設定を完了させます。

バックアッププロキシのスタンドアロンアクティベーション実施

以降の設定でバックアッププロキシをアクティベートする場合、以下のアクティベーション手順に従ってください。

  1. vSphere ClientコンソールからVMs and Templatesをクリックし、バックアッププロキシ仮想マシンをスタートします。
  2. デフォルトのユーザー名と変更したパスワードを使用してVMにログインします。
  3. 以下のコマンドを使用してバックアッププロキシをアクティベートします。
    PhoenixActivate <token>

カスタムNTPサーバーの設定

Phoenix VMwareバックアッププロキシでカスタムNTPサーバーを使用するよう設定できます。NTPリクエストはNTPサーバーのプールを介して処理されます。現在、バックアッププロキシは*.centos.pool.ntp.org プールを使用します。

  1. NTPサーバーを設定するため /etc/ntp.conf ファイルを開きます。
    NTPサーバー設定ファイルには以下の形式でNTPサーバーのエントリが含まれています。
    server <ntp_server_fqdn> [options]
    例:
    server 0.centos.pool.ntp.org iburst
    server 1.centos.pool.ntp.org iburst
    server 2.centos.pool.ntp.org iburst
    server 3.centos.pool.ntp.org iburst
  2. 既存のNTPサーバーエントリをコメントアウトし、 /etc/ntp.conf ファイルに以下のエントリを追加します。
    server <internal_ntp_server_fqdn> iburst
  3. 以下のコマンドを使用してntpdサービスを再スタートします。
    service ntpd restart
  4. 新規NTPサーバーとエラーなしで同期されていることを /var/log/messages ファイルを確認します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?