メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

初回バックアッププロキシのデプロイとVMware環境の登録

Druva PhoenixにVMware環境を登録するには、バックアップおよびリストア操作を実行するバックアッププロキシをデプロイする必要があります。 

Druva Proxy Deployerを使用して、ローカルシステムからvCenterまたはスタンドアロンESXiホストに最初 (1台目) のバックアッププロキシをデプロイできます。

次の図は、そのプロセスを示しています。  

First Proxy Deployment.png

以下の動画は、登録プロセスの概要を示しています。 

 

ベストプラクティス

  • vCenter認証情報を使用してデプロイされたバックアッププロキシは、vCenterによって管理されているESXiでホストされているVMのみを保護し、スタンドアロンのESXiホストからは保護しません。スタンドアロンホストにも別のプロキシをデプロイする必要があります。

  • 一つのESXiハイパーバイザーまたはvCenterサーバーに、複数のバックアッププロキシ インスタンスをデプロイできます。一つのバックアッププロキシのデプロイメントは、ESXiハイパーバイザーまたはvCenterサーバーの単一インスタンスにマッピングできますが、両方にマッピングすることはできません。

手順1:前提条件の確認 

前提条件を満たしていることを確認してください。詳細については、「バックアッププロキシのインストール前提条件」を参照してください。 

手順2:Druva Proxy Deployerのダウンロード

注: VMCの場合、Druva Proxy Deployerをインストールするシステムは、プライベートIPを介してESXiに接続する必要があります。ファイルは、ESXiを経由してデータストアにアップロードされます。

したがって、VMC環境にデプロイされた仮想マシンにDruva Proxy Deployerをダウンロードします。

  1. Phoenix管理コンソールにログインします。 
  2. 上部のメニューバーから組織を選択します。 
  3. Protect ] > [ VMware ] をクリックします。 
  4. Register New Setupをクリックします。 
  5. Register VMware Setup ] ダイアログボックスから、Druva Proxy Deployerをダウンロードします。 
  6. アクティベーションキーをコピーします。
  7. ローカルシステムでDruva Proxy Deployer実行して、Deployerを起動します。

手順3:初回バックアッププロキシをデプロイし、環境を登録

  1. Druva Proxy Deployerを起動します。 
  2. OVAテンプレートをダウンロードする場所を参照します。
    ダウンロード場所に5 GB以上の空きディスク容量があることを確認してください。 
  3. Get Started ] をクリックします。 
    以下の情報を入力します。 

    vCenterコネクション情報
    バックアッププロキシをデプロイするvCenterの情報です。
    フィールド 説明
    vCenter IP / FQDN vCenterのIP / FQDNを提供します。
    Port vCenterがDruva Cloudと通信するために使用するポートです。Druva Cloudへの接続にはポート443が使用されます。
    UsernameとPassword vCenterの認証情報を提供します。ユーザーに必要な権限があることを確認します
    Using VMC vCenterがVMCにデプロイされている場合は、このチェックボックスを選択します。詳細については、Druva PhoenixとVMCの統合を参照してください  

    バックアッププロキシの場所の詳細
    最初のバックアッププロキシをデプロイする場所の詳細です。

    フィールド 説明
    Backup Proxy Name 
    (バックアッププロキシ名)
    バックアッププロキシの名前を入力します。この名前が他のバックアッププロキシで使用されていないことを確認してください。また、名前に特殊文字が使用されていないことを確認してください。
    Data Center
    (データセンター)
    (vCenterでのみ使用可能)プールが属するデータセンターを選択します。
    ESXi Host
    (ESXiホスト)
    (vCenterでのみ使用可能)ESXiホストを選択します。
    Datastore
    (データストア)

    データストアを選択します。データストアに少なくとも110 GBの空き容量があることを確認してください。

    データストアへの読み取りおよび書き込み権限があることを確認してください。 

    Timezone
    (タイムゾーン)
    デフォルトでは、タイムゾーンはローカルシステムのタイムゾーンから取得されます。バックアッププロキシを配置する地域に基づくタイムゾーンを選択します。バックアップは、選択したタイムゾーンに従って起動されます。

    ネットワーク接続の詳細
    VMware環境での接続先の詳細を提供します。

    フィールド 説明
    Static IP

    次の詳細を更新します。

    • IPアドレス-必須 
    • ネットマスク-必須 
    • ゲートウェイ-必須 
    • VMネットワーク-必須 
    • プライマリDNS-必須 
    • セカンダリDNS-オプション

    VMCに関する考慮事項

    1. VMCで仮想マシンにパブリックIPを直接割り当てることはできません。絶対です: 
    2. DHCPオプションを使用してVMCにバックアッププロキシを展開します。 

      VMCのセットアップで、NATルールを作成し、新しくデプロイされたバックアッププロキシ仮想マシンに対してパブリックIPを要求します。 

      パブリックIPの構成の詳細については、https://cloud.vmware.com/community/2019/07/24/vmware-cloud-aws-internet-access-design-deep-dive/参照してください。
    DHCP

    IPアドレスは動的に割り当てられます。 

    VMネットワークを選択します。

    Add NIC 2

    VMwareインフラストラクチャとの通信と外部通信のために2つの異なるネットワークがある場合は、2つのNICカードを構成する必要があります。 

    次の情報を更新します。

    • IPアドレス-必須 
    • ネットマスク-必須 
    • デフォルトゲートウェイ-オプション 
    • VMネットワーク-必須 
    • プライマリDNS-オプション 
    • セカンダリDNS-オプション

    アクティベーション
    Phoenix環境での接続先の詳細を提供します

    フィールド 説明

    Activation Token
    (アクティベーショントークン)

    Phoenix管理コンソールからコピーしたアクティベーショントークンを提供します。

    Using GovCloud

    Phoenix GovCloud経由で接続する場合は、チェックボックスを選択します。

    Web Proxy

    認証タイプを選択します。

    • なし
    • Basic
    • Kerberos

      Kerberos認証方式​​を選択する場合は、次の詳細を入力します。
      • KDCサーバー名を入力:キー配布センター(KDC)サーバーのFQDNを入力します。 
      • KDCユーザー名を入力:KDCが認証できるユーザー名を入力します。 
      • Enter KDC Password:KDCユーザー名フィールドに入力されたユーザーのパスワードを入力します。
      • KDCポートを入力:KDCポートを入力します。 
      • DNSサーバー名のFQDNを入力:DNSサーバーのFQDNを入力します。 
      • DNSサーバーのユーザー名を入力:DNSサーバーのユーザー名を入力して、バックアッププロキシ仮想マシンが[DNSサーバー名]フィールドに入力したドメインを使用できるようにします。 
      • DNSサーバーユーザーパスワードの入力:[DNSサーバーユーザー名]フィールドに入力したユーザーのパスワードを入力します。

    注: KDC、DNSサーバー、およびWebプロキシホストのFQDNが適切なサーバーに解決されることを確認してください。FQDNが解決しない場合は、バックアッププロキシ仮想マシンの/ etc / hostsファイルにFQDNとそれぞれのIPアドレスを追加します。

    • プロキシタイプ:Druvaは次のプロキシタイプをサポートしています。
      • http
      • socks4
      • socks5
    • プロキシサーバーIP:プロキシサーバーの有効なIPです。
    • プロキシポート:それぞれのプロキシポート番号です。
    • ユーザー名:有効なプロキシユーザー名です。 
    • パスワード:有効なプロキシパスワードです。 
  4. [ Deploy Now ] をクリックします。
    プロキシのデプロイは、次の段階を経て進行します。それぞれの段階でさまざまな検証が行われます。検証の問題をトラブルシューティングするには、「展開の問題のトラブルシューティング」を参照してください

    ステージ 説明
    OVAダウンロード OVAテンプレートがローカルシステムにダウンロードされます。OVAテンプレートは、バックアッププロキシが正常に展開された後にクリーンアップされます。 
    デプロイメント 最初のバックアッププロキシがデプロイされ、バックアッププロキシVMが作成されます。
    VMの電源オン バックアッププロキシ仮想マシンがパワーオンされます。
    ネットワーク設定 バックアッププロキシVMネットワークが構成されます。
    Druva Cloudへの接続 環境がDruva Phoenixに登録されます。
  5. バックアッププロキシがデプロイされ、登録が完了すると、OVAテンプレートファイルがシステムからクリーンアップされます。

注:キャンセル後、ネットワーク接続の問題が原因でクリーンアップが失敗した場合は、VMとそのディスクを手動でクリーンアップする必要があります。

  • この記事は役に立ちましたか?