メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

バックアッププロキシ導入のクイックスタートガイド

概要

以下の図は、PhoenixでVMwareを設定する手順の概要を示しています。

Deployment_Infographic.png

手順1:保護対象を決定する

オンプレミスのvSphereベースのデータセンターに配置されたVMを保護するか、VMware Cloud(VMC)を保護するかを決定します。VMware Cloudについては、Druva PhoenixとVMCの連携を参照してください

以下を保護できます。 

  • スタンドアロンのVMware ESXi(ESXi)ホスト上のVM
    スタンドアロンのESXiホスト環境にバックアッププロキシをデプロイし、スタンドアロンの認証情報で登録すると、そのESXiホストで作成された仮想マシンのみがバックアップされます。このシナリオでは、VMware ESXiハイパーバイザーごとに少なくとも1つのバックアッププロキシをインストールする必要があります。 
  • VMware vCenter Server(vCenter Server)で管理されるVMware ESXiホスト上のVM 
    vCenter制御環境に
    バックアッププロキシをデプロイしてvCenter認証情報とともに登録すると、vCenter Serverに関連付けられているハイパーバイザー全体のすべての仮想マシンがバックアップされます。このシナリオでは、仮想環境内のすべてのvCenter Serverに少なくとも1つのバックアッププロキシをインストールする必要があります。ここで、単一のvCenter Serverが管理する任意のESXiホストに1つまたは複数のバックアッププロキシをデプロイできます。 vCenter Serverのバックアッププロキシは、vCenter Serverに関連付けられているホスト間で作成された仮想マシンをバックアップします。

また、仮想マシンをバックアップするためのシステム要件確認してください。 

手順2:最初のバックアッププロキシをデプロイし、VMware環境を登録する

バックアッププロキシは、データセンターとPhoenixクラウドの間に位置する重要なコンポーネントであり、仮想マシンのバックアップとリストアを実行します。

詳細については、「VMwareのPhoenixバックアッププロキシについて」を参照してください

Druva Proxy Deployerユーティリティを使用してローカルシステムから最初のバックアッププロキシをデプロイすることにより、VMware環境をPhoenixに登録できます。

詳細については、「最初のバックアッププロキシ展開してVMwareセットアップを登録する」を参照してください

手順3:仮想マシンをバックアップ対象に構成する

VMware環境がPhoenixに登録されると、バックアッププロキシはVMware環境で使用可能な仮想マシンを検出し、それらをPhoenix管理コンソールに一覧表示します。次に、仮想マシンをバックアップ対象に構成します。 

詳細については、バックアップ用の仮想マシンの構成参照してください

手順4:追加用のプロキシをデプロイしてスケールアウトする

Phoenix管理コンソールから直接、追加用のバックアッププロキシをデプロイすることで、スケールアウトできます。

詳細については、「追加のバックアッププロキシ展開する」を参照してください

手順5:バックアッププロキシプールを作成して負荷分散する

バックアッププロキシの負荷分散を実現するために、バックアッププロキシプールを作成できます。

バックアッププロキシプールは、複数のバックアッププロキシで構成されています。負荷分散 (ロードバランシング) を使用すると、バックアップまたはRPOが影響を受けないようにすることができます。1つのバックアッププロキシがダウンしても、プール内の他のプロキシが引き継ぐことができます。バックアッププロキシはステートレスエンティティ (状態を持たない要素) です。

負荷分散とは別に、バックアップ用に適切なバックアッププロキシを選択して、仮想マシンのバックアッププロキシに対するアフィニティを定義することで、バックアップの最適化を確実にすることもできます。 

詳細については、「バックアッププロキシプール作成する」を参照してください

  • この記事は役に立ちましたか?