メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

VMwareサーバー向けのPhoenix設定について

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

仮想マシンを登録するには、サーバーを登録し、サーバー上のすべての仮想マシンを検出する検出するインフラストラクチャにPhoenixバックアッププロキシをデプロイする必要があります。Phoenixバックアッププロキシについては後述します。

Phoenixバックアッププロキシとは

バックアッププロキシはVMware ESXiハイパーバイザーまたはESXiホストにインストールされ、仮想マシンを管理するvCenter Serverによって管理されるクライアント側コンポーネントです。

バックアッププロキシにはバックアップを実行し、仮想マシンを復元するコンポーネントであるPhoenixエージェントが含まれます。PhoenixクラウドにインストールされたサーバーコンポーネントであるPhoenixマスターは、Pheonixクラウド内のストレージにバックアッププロキシを割り当てます。バックアッププロキシは仮想マシンのスナップショットを作成して仮想マシンのバックアップを実行し、バックアップされたデータをPhoenixクラウド内で割り当てられたストレージに送信します。バックアップはESXiホスト上のイメージレベルで実行されるため、仮想マシンごとにバックアッププロキシのインスタンスをデプロイする必要はありません。

バックアッププロキシのインストール後、VMware環境で仮想マシンをバックアップおよびリストアするために、Phoenixにバックアッププロキシを登録する必要があります。

バックアップする仮想マシンの数によって複数のバックアッププロキシをデプロイすることができます。この複数のバックアッププロキシはバックアッププロキシプールと呼ばれるグループに論理的にグループ化され、Phoenixは仮想マシンをバックアップする最適なバックアッププロキシを動的に選択します。使用環境で必要なバックアッププロキシの数を計算する方法の詳細についてはバックアッププロキシのサイジングガイドラインを参照してください。

バックアッププロキシの動作

以下にVMware環境におけるバックアッププロキシのバックアップ動作を図示します。


開始するには、VMware環境にバックアッププロキシをデプロイします。vCenterで制御された環境でバックアッププロキシをデプロイし、vCenter認証情報を登録した場合、バックアッププロキシはvCenter Serverに関連付けられたハイパーバイザー上のすべての仮想マシンのバックアップを実行します。スタンドアロンのESXiホスト環境にバックアッププロキシを導入し、スタンドアロン認証情報を登録した場合、ESXホスト上に作成された仮想マシンのバックアップを実行します。

管理者が作成したスケジュールに従って、Phoenixマスターはバックアッププロキシに仮想マシンのバックアップを開始するよう指示します。クラウドに設置されたサーバーコンポーネントであるPhoenixマスターはクラウド内のストレージにバックアッププロキシを割り当てます。バックアッププロキシはこれらVMのスナップショットを作成し、Phoenixクラウド内に割り当てられたストレージにスナップショットを送信することでVMのバックアップを実施します。バックアップはイメージレベルで行われるので、各VMへバックアッププロキシのインスタンスをデプロイする必要性がなくなります。

バックアッププロキシはVADP (vStorage APIs for Data Protection) を使用してバックアップを実行します。Phoenixクラウドへ採取バックアップ以降に変更されたブロックのみを送信するのにCBT (Change Blocked Tracking; 変更ブロック追跡) を活用しています。

バックアップを行うためにバックアッププロキシをデプロイします。

  • スタンドアロンの VMware ESXi (ESXi) ホスト
    • VMware ESXiハイパーバイザーごとに少なくとも1つのバックアッププロキシをインストールする必要があります。バックアッププロキシは仮想マシンとしてインストールされ、当該スタンドアロンESXiホストにインストールされている仮想マシンのバックアップおよびリストア操作を実行します。
  • VMware vCenter Server (vCenter Server) で管理されるVMware ESXi ホスト
    • 仮想環境内の各vCenter Serverに少なくとも1つのバックアッププロキシをインストールする必要があります。単一のvCenter Serverで管理されるいずれのESXiホストへもバックアッププロキシを1つ以上デプロイできます。
    • vCenter Server上のバックアッププロキシはvCenter Serverに関連付けられたホストで作成されたVMをバックアップします。

Note:

  • vCenter Serverによって管理されるESXiホストにデプロイされたバックアッププロキシは、スタンドアロンESXiホストにインストールされている仮想マシンをバックアップできません。各スタンドアロンESXiホストに個別のバックアッププロキシをデプロイする必要があります。
  • 単一のESXiハイパーバイザーやvCenter Serverに対して複数インスタンスのバックアッププロキシをデプロイすることができます。一つのバックアッププロキシのデプロイメントはESXiハイパーバイザーの1インスタンス、または1台のvCenter Serverにマッピングすることができまずが、両方にはマッピングできません。
  • ESXiハイパーバイザーまたはvCenter Serverにバックアッププロキシをデプロイした後、このハイパーバイザーまたはvCenter Serverの認証情報を反映させるようバックアッププロキシを設定する必要があります。

バックアッププロキシのデプロイについて

複数のバックアッププロキシ・インスタンスをデプロイできます。複数インスタンスをデプロイする計画を立てる際に考慮すべき要素として以下があります。

  • 仮想インフラストラクチャの範囲 – 組織が地理的に分散しており、異なる場所に複数のバックアップサーバーがインストールされた仮想マシンがデプロイされている場合、管理の容易さとバックアッププロキシの適切なデプロイを考慮する必要があります。
  • 管理の容易さ –
    • VMware vCenter Server経由でバックアッププロキシをデプロイする場合、インフラストラクチャ内の各vCenter Serverにバックアッププロキシをインストールする必要があります。その後、vCenter Serverに関連付けられたホスト間で、仮想マシンをバックアップするバックアッププロキシの1つ以上のインスタンスが作成されます。
      Note: バックアッププロキシをvCenter Serverによって制御された環境にデプロイしてvCenterの認証情報で登録を行うと、バックアッププロキシはvCenter Serverに関連付けられている全ハイパーバイザーの全仮想マシンのバックアップを実行します。
    • VMware ESXiハイパーバイザーまたはホストにバックアッププロキシをデプロイする場合、各 ESXiハイパーバイザーにバックアッププロキシをインストールする必要があります。その後、関連するホスト上に1つまたは複数のバックアッププロキシ・インスタンスが作成されます。
      Note: バックアッププロキシをスタンドアロンESXiホスト環境にデプロイしてスタンドアロンESXiの認証情報で登録を行うと、バックアッププロキシはそのESXiホストで作成された仮想マシンのバックアップを実行します。

バックアッププロキシインストールの前提条件

バックアッププロキシはCentOS 6.5バイナリをベースにしたOVAファイルとして提供されます。バックアッププロキシをデプロイすると、以下の構成の新しい仮想マシンが作成されます。

  • 6 GBのRAM
  • 4つの仮想ディスク (40GB、30GB、各1MBの2つのディスク)
  • 8つのvCPU (ソケットごとに4つのコアを持つ2つの仮想ソケット)

1つのESXiホストまたはvCenter Serverに対して複数のバックアッププロキシ・インスタンスをデプロイできます。

リソース 最低要件
ダウンロードサイズ 解凍済みバックアッププロキシ用に1.5 GB
仮想ディスク 30 GBのシンプロビジョニング・ディスク
CPU 4つの仮想CPU (2 GHz)
RAM 4 GB
  • 十分な量のPhoenixストレージを購入していることを確認 - バックアップするデータサイズに基づいて、十分な量のPhoenixストレージを購入する計画を立てる必要があります。正確な要件を確認するには、Druvaの営業までお問い合わせください。
  • Phoenixは文字 “@” (アットマーク) を含むESXiハイパーバイザーパスワードをサポートしていません。バックアッププロキシがデプロイされているESXiハイパーバイザーのパスワードに “@” が含まれている場合、バックアッププロキシの登録と設定を行う前に、この記号を削除するようパスワードを変更してください。

バックアッププロキシのリソースサイジング

バックアッププロキシはCentOS 6.5バイナリをベースにしたOVAファイルとして提供されます。バックアッププロキシのOVAファイルはダウンロードページからダウンロードできます。

バックアッププロキシをデプロイすると、以下の構成で新しい仮想マシンが作成されます。

重要: バックアッププロキシをデプロイすると、以下の構成で新しい仮想マシンが作成されます。バックアッププロキシが期待通りに動作するよう、この仮想マシンに追加アプリケーションをインストールしないことが推奨されます。

パラメーター デフォルトの構成
vCPU 8 vCPU (ソケットあたり 4コアを持つ 2 つの仮想ソケット)
RAM 6 GB
仮想ディスク 4 つの仮想ディスク (40GB, 30GB, 各1MBの2つのディスク)

上記デフォルト構成では、最大3つのVMを並行してバックアップできます。

Note: 上記デフォルトのvCPUおよびRAM構成以外の構成を持つバックアッププロキシについては、バックアッププロキシのCPU使用率への影響を避けるため、同時実行される可能性のあるVMバックアップ数をアップグレード後に調整する必要があります。詳細はDruvaサポートまでお問い合わせください。

次の表に、バージョンごとにサポートされる構成と同時VMバックアップ数を示します。

バックアッププロキシのバージョン 構成 同時VMバックアップ数
バージョン 4.3-r6381 以前 6つのvCPU (ソケットごとに2つのコアを持つ3つの仮想ソケット) と6GBのRAM 5
バージョン 4.4-r6582 以降 8つのvCPU (ソケットごとに4つのコアを持つ2つの仮想ソケット) と6GBのRAM 3

デフォルトの構成よりも少ない構成にすると、バックアッププロキシのポストデプロイメントをパワーオンできません。次のいずれかのエラーが画面に表示されます。
 

エラーを解決するには、vCPUとRAMメモリ数を手動で調整する必要があります。調整後、バックアッププロキシをパワーオンします。

最小コンフィグレーション

問題なく実行されるバックアップの最小構成は3つのvCPU3GBのRAMです。この構成では、一度に1台のVMしかバックアップできません。

バックアッププロキシのサイジングガイドライン

ルール:    

  • 各VMバックアップには2つのvCPUと1.3 GBのRAMが必要です。 
  • さらに、ファイルレベルリストアやログアップロードなどの操作には、CPUリソースの30%と2GBのRAMが必要です。

バックアッププロキシにより多くのリソースを構成した場合、vCPUとRAMの正しい構成が上記ルールによって実現されます。

構成は、環境内で実現したい同時バックアップ数に依存します。

同時バックアップ数の計算

X個のvCPUと YGBのRAMをバックアッププロキシに構成したとします。同時バックアップ数は、以下の式を使用して計算できます。

同時バックアップ数 = (X * 0.7) / 2 または (Y - 2) / 1.3 のどちらか小さいほう

1: 16個のvCPUと16GBのRAMがリソースとしてある場合、実行できる同時バックアップ操作の数を以下のように計算できます。

同時バックアップ数 = Minimum { (16*0.7)/2 = 5.6, (16-2)/1.3 = 10.7 } = 5.6  

最後の数を四捨五入した6が最大同時バックアップ操作数として実行できます。

これに伴い、理想的なRAM構成を計算してシステムリソースを節約することができます。

6つの同時バックアップを行うために必要な最適RAM構成 = (6*1.3)+2 = 9.8

同時バックアップ数はvCPU構成によって決まるため、リソースを (四捨五入して) 10GBのRAMに構成を最適化することができます。逆に、同時バックアップ数をRAM構成から導くこともできます。

2: 環境に16個のvCPUと8GBのRAMがある場合、実行できる同時バックアップ操作の数を以下のように計算できます。

同時バックアップ数 = Minimum { (16*0.7)/2 = 5.6, (8-2)/1.3 = 4.6 } = 4.6  

最後の数を四捨五入した5つが最大同時バックアップ操作数として実行できます。

これに伴い、理想的なRAM構成を計算してシステムリソースを節約することができます。

5つの同時バックアップを行うために必要な最適vCPU構成 = (5*2)*1.3 = 13

同時バックアップ数はRAM構成によって決まるため、(四捨五入して) 13個のvCPUに構成を最適化することができます。

必要なvCPUとRAMの計算

または、環境に必要な同時バックアップの数を決定して、vCPUとRAMの構成を試算することもできます。

: 14時間のバックアップウインドウで50台のVMをバックアップしなければならず、各VMのバックアップには1時間が必要である場合を考えます。

このとき、 50/14 = 3.6 = 約4 VMの同時バックアップを行う必要があります。

環境内で4つの同時VMバックアップを行う必要がある場合、vCPUとRAM構成は以下のように計算できます。

必要なvCPU = (4*2)*1.3 = 10.4 

必要なRAM = (4*1.3) + 2 = 7.2

4つの同時バックアップには、少なくとも10個のvCPUと7GBのRAMが必要です。

  • この記事は役に立ちましたか?