メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

仮想マシンバックアップの手順

Phoenix Editions: File:/tick.png Business File:/cross.png Enterprise File:/tick.png Elite

Phoenixは仮想マシンが含まれるサーバーグループに関連付けられたバックアップポリシーに定義されたスケジュールに基づいて、またはPhoenix管理コンソールから実行されたオンデマンド・バックアップによって、仮想マシンのバックアップを実行します。これにはPhoenixコンポーネントとVMwareコンポーネントの連係動作が含まれます。

以下の図に仮想マシンのバックアップ時のデータフローを示します。

|大きい図を表示|

仮想マシンバックアップの手順 

手順 操作

手順1

仮想マシンのバックアップ要求は以下により開始されます。

  • バックアップポリシーで定義されたスケジュール
  • 手動バックアップ

Phoenixはバックアップ要求をバックアッププロキシプールに転送します。

  • Phoenixは負荷分散アルゴリズムによって、バックアップ要求を実行するバックアッププロキシを自動的に識別します。
  • 識別されたバックアッププロキシがビジー状態の場合、バックアッププロキシが解放されたときにバックアップ要求がキューイングおよび開始されます。

手順2

  • vCenterサーバーによって管理されるESXiホストに仮想マシンがデプロイされる環境では、バックアッププロキシはvCenterサーバーに接続して仮想マシンを検出し、その構成を取得します。
  • 仮想マシンがスタンドアロンESXiホストにデプロイされている環境では、バックアッププロキシはESXiホストに接続して仮想マシン構成を取得します。

バックアッププロキシはESXiハイパーバイザーまたはvCenterサーバーに仮想マシンのVMDKファイルとVMXファイルを問い合わせます。   

手順3

Phoenixはバックアップの種類を決定します。

  • これが初回の自動バックアップである場合、Phoenixはフルバックアップを実行します。
  • 2回目以降のすべてのバックアップでは、Phoenixは増分バックアップを実行します。

バックアッププロキシは仮想マシンのスナップショットを取得し、バックアップの準備を行います。

手順4

VDDKコネクションがSSL転送モードで仮想マシンと確立されます。

手順5

バックアッププロキシは仮想マシンと接続し、仮想マシンデータをバックアップするための読み取り専用コネクションを確立します。

手順6

バックアッププロキシは仮想マシンのスナップショットを使用してバックアップ用のVMDKファイルを読み取ります。仮想マシンのデータをコピーし、Phoenix CloudCache (設定されている場合) またはPhoenixクラウドに送信する準備をします。

NBDモードによる暗号化されたvmdkバックアップはサポートされていません。暗号化されたvmdkディスクは、NBDSSLまたはHotAddを使用してバックアップできます。仮想マシンのディスクバックアップでサポートされている転送モードは以下の通りです。

バックアッププロキシ 仮想マシン 転送モード
暗号化 暗号化 HotAdd
非暗号化 暗号化 NBD-SSL
暗号化 非暗号化 HotAdd

手順7

バックアッププロキシはスナップショットデータを連続ストリームでPhoenixクラウドに転送します。データをPhoenixクラウドに転送する前に、バックアッププロキシは重複排除を実行します。

バックアップが完了すると、バックアッププロキシはスナップショットを削除します。

仮想マシンのバックアップに関する詳細は Backup and Restore VMware Virtual Machines.を参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?