メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

仮想マシンバックアップのPhoenix設定簡易手順

サーバー設定手順

仮想マシンをバックアップするためにPhoenixを設定するには、以下の手順を実行します。

手順番号 手順 説明
VMware環境の準備

1

PhoenixをVMware ESXiまたはVMware vCenter Serverのどちらで設定するか決める

Phoenixの設定は以下から選択できます。

  • スタンドアロンVMware ESXi 
    ESXiのバックアップでPhoenixを設定する場合、各VMware ESXiハイパーバイザー上に1つ以上のバックアッププロキシをインストールする必要があります。1つまたは複数のバックアッププロキシ・インスタンスが関連するホスト上に生成されたVMのバックアップを行います。
  • VMware vCenter Server
    vCenter ServerのバックアプでPhoenixを設定する場合、各vCenter Serverで1つ以上のバックアッププロキシをインストールする必要があります。vCenterサーバーに関連付けられた複数のホストにまたがって、生成されたVMのバックアップを行います。

2

VMware環境がバックアッププロキシのデプロイに必要なリソースがあることを確認する

バックアッププロキシはOVF仮想アプライアンス内にCentOSインストーラーとともにバンドルされています。このアプライアンスをデプロイするとき、新しいCentOSのVMがバックアッププロキシのインストールとともに作成されます。

想定通りに動作するようバックアッププロキシを有効にするため、バックアッププロキシに必要な最小限のリソースが割り当てられているなど、環境を確認してください。

詳細はバックアッププロキシインストールの前提条件を参照してください。

3

十分なストレージがあることを確認する

データのニーズに応じて、Druvaサポートチームが設定用のストレージを作成し、割り当てます。追加ストレージを要求するには、Druvaサポートチームまでお問い合わせください。または、営業担当にご連絡ください。

4

Phoenix管理コンソールへのログイン

開始するには、招待メールで受け取った認証情報を使用してPhoenixマスター管理コンソールへログインしてください。

Note: これが最初のログインである場合、welcomeスクリーンが表示されます。Phoenixを設定するには、Get Startedをクリックしてください。

バックアップのためのVMware環境の準備 

5

バックアッププロキシのデプロイ、登録、構成

VM全体でバックアップを有効にするには、ESXiハイパーバイザーまたはvCenter Server上で1つまたは複数のバックアッププロキシのインスタンスをデプロイする必要があります。特定ホスト上で作成されたVMか、すべてのホストのVMかどちらでバックアップを有効にするかによって異なります。その後、バックアッププロキシを登録し、設定する必要があります。登録時に、Phoenixはアクティベーショントークンを作成します。設定時に、バックアッププロキシをアクティベートするためにこのトークンを使用します。

6

仮想マシンのバックアップ設定

バックアッププロキシをアクティベートすると、アクティベートされたVMはVMware Setupsページ上のAll Virtual Machines配下に表示されます。自動バックアップのスケジュールを作成するため、仮想マシンを設定します。

 

  • この記事は役に立ちましたか?