メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

CPU優先度の更新

概要

CPU優先度およびinSyncクライアントがバックアップ中に使用できる処理能力を構成できます。CPU優先度を最適な値に設定することが推奨されます。高いCPU優先度を割り当てると、ノートPCの他のアプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。低いCPU優先度を割り当てると、バックアップに必要な時間が増加する可能性があります。 inSyncバックアップ用にCPU優先度を標準に設定することを推奨します。

管理者から、inSyncクライアントに対するCPU優先度を更新する許可が出ていない場合、管理者により構成されたCPU優先度が読み取り専用モードで表示されます。

settings page.png

手順

CPU優先度を更新するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、設定をクリックします。
  3. 一般タブでCPU優先度スライダを移動し、お使いのノートパソコン上でinSyncクライアントに割り当てたい優先度を 設定します。
    下記のように設定されたCPUの優先順位は、対応する値にマップされます。
    低 - 1
    普通 - 5
    高 - 8
注: 最初のバックアップはフルバックアップであり、処理にもっとも大きなパワーが必要となります。 続くすべてのバックアップは差分バックアップであり、必要なパワーは低くなります。 フルバックアップでは高いCPU優先度を選択されることを推奨いたします。 その後、CPU優先度を通常に変更してください。
  • この記事は役に立ちましたか?