メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

フォルダを追加

概要

inSyncクライアントがデータをバックアップする元のフォルダをバックアップフォルダと呼びます。inSync管理者か ら、バックアップ用のフォルダを構成する許可を得ることができます。 

: inSync 管理者は、セキュリティ規則に従って、特定のフォルダのバックアップを制限することができます。バックアップを制限されたフォルダの追加を試みる場合は、「フォルダはIT管理者によりバックアップ対象から除外されています」というメッセージが表示されます。 管理者によりバックアップ対象から除外されているフォルダに関する詳細は、「グローバル除外リストを閲覧」をご覧ください。

バックアップフォルダを追加するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、バックアップをクリックします。
  3. 右側のペインで、フォルダの追加をクリックします。フォルダ選択ウィンドウが表示されます。

    add folders.png

  4. フォルダの選択ウィンドウの右上隅にある隠しフォルダ/ファイルを表示するチェックボックスの表示を選択します。このチェックボックスを選択することで、バックアップ用に移動および選択するフォルダ内の非表示のファイルおよびフォルダを表示できます。
  1. 高速設定またはマイコンピュータのもとで、バックアップしたいフォルダへ移動してクリックし、次へをクリックします。
    • 親フォルダをチェックした場合、そのディレクトリ内にあるすべてのファイルおよびフォルダがバックアップ用に含まれます。
      add folders_screen 2.png
    • 親フォルダの範囲内にある一定のファイルおよびフォルダのみをバックアップしたい場合、親フォルダのチェックボックスをクリアし、バックアップ用に除外したい必要なファイルおよびフォルダのみを選択します。
       

[バックアップする項目の選択]ウィンドウが表示されます。

  1. バックアップしたいファイルまたはフォルダを選択します。バックアップ用のフォルダを選択すると、非表示のファイルおよびフォルダを含めすべてのファイルおよびフォルダがバックアップ用に選択されます。隣接したチェックボックスをクリアすることで、バックアップから除外したいファイルおよびフォルダを明示的に削除できます。
  2. 追加をクリックします。

 : MAC クライアントで、それにSYMLINKフォルダが含まれているバックアップ用フォルダを設定する場合、SYMLINKフォルダのフォルダコンテンツは表示されません。
ですが、SYMLINKであるフォルダを設定する場合、SYMLINKフォルダ内のすべてのコンテンツが表示されます。

選択されたフォルダのバックアップ設定の編集

バックアップ用に設定するフォルダの構成設定を変更できます。デフォルトでは、選択されたフォルダの全ファイルがバックアップされます。 ただし、バックアップからいくつかファイルあるいはファイルタイプを含めたり除外したりすることができます。

注:​管理者がバックアップに含めたフォルダの構成設定は変更できません。

バックアップ設定を編集するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、バックアップをクリックします。
  3. 右側のペインで、フォルダの追加をクリックします。フォルダ選択ウィンドウが表示されます。
  4. 高速設定またはマイコンピュータのもとで、バックアップしたいフォルダへ移動してクリックし、次へをクリックします。バックアップする項目の選択ウィンドウが表示されます。
  5. クリック filter image.PNG 設定したいバックアップフォルダ用にクリックします。フォルダー.フィルタを指定ウィンドウが表示されます。
  6. カスタム.フィルタのタブで、すべてのファイルのバックアップを取りたい場合、すべてのファイルを含むオプションを選択します。
  7. バックアップ用の指定のファイルのみ含めたい場合、ファイルフィルタの指定をクリックし、必要なファイルフィルタを選択します。
    backup local settings.png
    local settings_exclude files paths.png
  8. より多くのファイルの種類を追加または除外したい場合、高度なオプションをクリックします。
  9. 各フィールドに適切な情報を提供します。
    フィールド アクション
    含められたエクステンション バックアップするファイルタイプを入力します。 一
    連のエントリーはセミコロン (;) で区切り、2つのエ
    ントリーをスペースで区切らないようにしてくださ
    い。
    除外される拡張子 バックアップから除外するファイルタイプを入力し
    ます。 一連のエントリーはセミコロン (;) で区切り、2つのエントリーをスペースで区切らないようにしてください。
    除外されるパス

    バックアップから除外するファイルおよびフォルダ
    へのパスを入力します。

  10. [OK]をクリックします。
  11. グローバル除外タブで指定したフォルダフィルタは、管理者が定義します。詳細については、グローバル除外リストの表示を参照してください。
  12. [保存]をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?