メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

inSyncクライアント上のプロキシ設定を構成

概要

inSync管理者から必要なパーミッションが提供された場合、inSyncクライアント上にあるプロキシサーバの詳細事項を構成できます。例:

  • inSyncクライアントがinSyncサーバと直接通信できない別の事業部門へ移動した場合。 
  • inSyncクライアントが有効化された後に所属組織がプロキシサーバを展開した場合。

管理者が、お客様が要求した、inSyncクライアント用のプロキシ設定を構成するためのパーミッションを与えない場合、プロキシ設定は変更できません。

開始する前に

プロキシの詳細を設定する前に、inSync管理者に連絡してプロキシサーバーの次の情報を確認してください:

  • プロキシサーバーの詳細。 プロキシサーバーのIPアドレスとポート番号、PACファイル、あるいはPACファイルのWPAD URLが必要となる場合があります。
  • プロキシサーバーの認証詳細。
  • プロキシタイプ。inSyncではSOCKS4、SOCKS5、HTTPをサポートしています。

inSyncクライアントのプロキシ設定の編集

プロキシ設定を編集するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、設定をクリックします。
  3. ネットワークタブをクリックします。
  4. Open Proxy Settingsをクリックする。。。
    settings_network.png
  5. Enable Proxy Settingsチェックボックスを選択して プロキシ設定をします。
  6. はいを選択し、プロキシ設定を構成します。
  7. システムプロキシ設定を使用するには、システムプロキシ設定を使ったプロキシの設定をご確認ください。
    プロキシサーバーの詳細を使用する場合は、プロキシサーバー詳細を使ったプロキシの設定をご確認ください。
    PACファイルを使用する場合は、PACファイルを使ったプロキシ設定の編集をご確認ください。
    inSyncクライアントにプロキシ設定を自動的に検出させたい場合、 プロキシの自動検出の構成を表示します
  8. [保存]をクリックします。

システムプロキシ設定を使ったプロキシの設定

システムプロキシ設定を使ってプロキシを設定するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、設定をクリックします。
  3. ネットワークタブをクリックします。
  4. Open Proxy Settingsをクリックする。。。
  5. Enable Proxy Settingsチェックボックスを選択して プロキシ設定をします。
  6. Configure Proxy Server Usingリスト<32>で 、System Proxy Settingsをクリックします。
    proxy settings_server.png
  7. inSyncクライアントが認証を必要とする場合、[認証要:]チェックボックスを選択します。 認証が必要ない場合、あるいは認証がADログイン情報を通じて行われる場合は、このチェックボックスを選択しないでください。
  8. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  9. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  10. [保存]をクリックします。

プロキシサーバー詳細を使ったプロキシの設定

プロキシサーバー設定を使ってプロキシを設定するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、設定をクリックします。
  3. ネットワークタブをクリックします。
  4. Open Proxy Settingsをクリックする。。。
  5. Enable Proxy Settingsチェックボックスを選択して プロキシ設定をします。​
  6. Configure Proxy Server Usingリストで 、Proxy Server Detailsをクリックします。
    proxy settings_server details.png
  7. [プロキシサーバーIPアドレス] ボックスで、プロキシサーバーのIPアドレスを入力します。
  8. [ポート] ボックスで、プロキシサーバーのポート番号を入力します。
  9. [プロキシタイプ] リストで、組織が使用しているプロキシタイプをクリックします。
  10. inSyncクライアントが認証を必要とする場合、[認証要:]チェックボックスを選択します。 認証が必要ない場合、あるいは認証がADログイン情報を通じて行われる場合は、このチェックボックスを選択しないでください。
  11. [ユーザ名] ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  12. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  13. [保存] をクリックします。

PACファイルを使ったプロキシ設定の編集

PACファイルを使ってプロキシを設定するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、設定をクリックします。
  3. ネットワークタブをクリックします。
  4. Open Proxy Settingsをクリックする。。。
  5. Enable Proxy Settingsチェックボックスを選択して プロキシ設定をします。​
  6. Configure Proxy Server Using リストで、 Configuration Fileをクリックします。
    proxy settings_config file.png
  7. デバイス上でPACファイルを使用できる場合、[ファイルを選んでください]をクリックしてファイルを選択します。
  8. WPAD URLでPACファイルを使用できる場合、WPAD / PACファイルURLで、テキストボックスにURLを入力します。
  9. [プロキシタイプ]リストで、組織が使用しているプロキシタイプをクリックします。
  10. inSyncクライアントが認証を必要とする場合、[認証要:]チェックボックスを選択します。 認証が必要ない場合、あるいは認証がADログイン情報を通じて行われる場合は、このチェックボックスを選択しないでください。
  11. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  12. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  13. [保存]をクリックします。

PACファイルのURLで、プロキシ設定を行います

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、設定をクリックします。
  3. ネットワークタブをクリックします。
  4. Open Proxy Settingsをクリックする。。。
  5. Enable Proxy Settingsチェックボックスを選択して プロキシ設定をします。​
  6. Configure Proxy Server Using リストで、 Configuration File URLをクリックします。
    proxy settings_PAC URL.png
  7. WPAD URLでPACファイルを使用できる場合、WPAD / PACファイルURLで、テキストボックスにURLを入力します。
  8. [プロキシタイプ]リストで、組織が使用しているプロキシタイプをクリックします。
  9. inSyncクライアントが認証を必要とする場合、「認証が必要である」のチェックボックスを選択します。認証を必要としない、または認証がAD認証情報でされる場合、このチェックボックスは選択しないことです。
  10. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  11. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  12. [保存]をクリックします。

プロキシの自動検出を構成

プロキシ設定の自動検出を使用するプロキシを構成するには

  1. inSyncクライアントを開始します。
  2. ナビゲーションペインで、設定をクリックします。
  3. ネットワークタブをクリックします。
  4. Open Proxy Settingsをクリックする。。。
  5. Enable Proxy Settingsチェックボックスを選択して プロキシ設定をします。
  6. Configure Proxy Server Using </182><186>リスト<179>で 、Automatically Detect Settingsをクリックします。
    proxy settings_automatic.png
     
  7. プロキシタイプ リストで、所属する組織が使用しているプロキシの種類をクリックします。
  8. inSyncクライアントに認証が必要な場合、認証要 チェックボックスを選択します。認証が必要ない場合、このチェックボックスを選択してはいけません。
  9. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  10. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  11. 保存をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?