メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

ワークスペースについて

概要

ワークスペースは、inSync管理者によって作成された共有フォルダのことで、以下の特徴があります:

  • クォータの使用

    ワークスペースのコンテンツは、企業のクォータ利用部分とみなされ、個人ユーザーのクォータ利用部分とはみなされません。

  • マネージャーのパーミッション​

    inSync管理は、マネージャーをワークスペースに割り当てることができます。 マネージャーは単独のinSync Share ユーザーまたは共有ユーザーのグループのどちらかである場合があります。ただし、inSync管理者はゲストユーザーをワークスペースのマネージャーに割り当てたり、2名以上のマネージャーを1つのワークスペースに割り当てたりすることができません。

  • 永続的ストレージ​

    ワークスペースはデータ用の永続的ストレージを提供します。つまり、たとえマネージャーまたはinSync管理者が組織を離れた場合も、共同作業者であればデータを利用できます。 データが削除されることはありません。

ワークスペースと共有フォルダはどのように違いますか?

以下のテーブルは、ワークスペースと共有フォルダの違いをまとめたものです。

機能 ワークスペースに 共有するフォルダ
クォータの使用

inSync管理者としてワークスペースを作成すると、ワークスペースのコンテンツは企業のクォータ利用の一部とみなされ、使用する個人のクォータ利用の一部とはみなされません。

これは、共同作業者がファイルをワークスペースに追加するときにも当てはまります。

フォルダを作成して共有し、そのフォルダにファイルを追加すると、そのフォルダのコンテンツはクォータ利用の一部とみなされます。これは、共同作業者が共有フォルダにファイルを追加するときにも当てはまります。

他者が共有しているフォルダにファイルを追加した場合、これによりクォータ利用に影響が出ることはありません。 新規追加したファイルまたはフォルダは所有者のクォータ利用の一部とみなされます。

共有データの有効性

マネージャーまたはinSync管理者のアカウントが削除された場合も、ワークスペースのコンテンツは削除されません。例えば、マネージャーまたはinSync管理者が組織を離れる場合。 データは削除されないため、共同作業者はデータを利用し続けることができます。

このような場合、新しいマネージャーがワークスペースに割り当てられます。

所有者のアカウントが削除された場合、共有フォルダは削除されます。 例えば、所有者が組織を離れる場合。 

このような場合、共同作業者はそれ以上共有データを利用できなくなります。

組織内の様々な部署の範囲内で共同作業するのに適しています。 例えば、人事部または財務部などです。 一時的な目的用の共同作業に適しています。 例えば、機能横断型チームに閲覧用のデータを送信する場合などです。

  • この記事は役に立ちましたか?