メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

inSyncクライアントアクティベーションの際のプロキシ設定の編集

概要

inSyncの有効化中は、inSyncクライアントがプロキシサーバ経由でinSyncサーバと通信しなければいけない場合、inSyncクライアントにプロキシサーバの詳細事項を提供するように促されます。 以下の方法のどれかを使用して、プロキシの詳細用のinSyncクライアントを構成できます:

  • デバイスのWebブラウザが使用しているシステムのプロキシサーバ設定を活用できます。inSyncクライアントはプロキシサーバ用に構成された同一のIPアドレスおよびポート番号を使用できます。WindowsおよびMacでは、ブラウザ用の自動構成スクリプトを選択した場合、inSyncクライアントはプロキシ設定を再利用することもできます。inSyncクライアントはSOCKS4、SOCKS5および認証用のプロキシサーバを使用します。
  • inSyncクライアントのIPアドレスまたはFQDNおよびプロキシサーバのポート番号を手動で入力できます。プロキシサーバが認証用に固有のユーザ名およびパスワードを必要としており、プロキシサーバが認証用にKerberosプロトコルを必要としている場合、プロキシサーバのFQDNを提供しなければいけません。
  • PACファイルをアップロードするか、そのWPAD URLをinSyncクライアントに提供できます。
  • プロキシ設定を自動的に検出できるように選択できます。inSyncクライアントはWPADプロトコルに基づき、PACファイル位置を自動的に検索します。

inSyncクライアントはプロキシサーバの認証済み利用、認証されていない利用の両方に対応しています:

  • プロキシサーバに固有のユーザ名および認証用のパスワードが必要な場合、これらの証明書の詳細事項をinSyncクライアントに入力できます。
  • 所属組織がプロキシサーバで認証用のアクティブディレクトリ証明書を使用する場合、inSyncクライアントは自動的にそれを容易化します。

開始する前に

プロキシの詳細事項を構成する前に、プロキシサーバに関する情報をinSync管理者に問い合わせます:

  • プロキシサーバの詳細。プロキシサーバのIPアドレスおよびポート番号、PACファイル、パックファイルのWPAD URLが必要になる場合があります。
  • プロキシサーバの認証詳細事項。
  • プロキシの種類。inSyncはSOCKS4、SOCKS5およびHTTPに対応。

ノートパソコン上のinSyncクライアントを有効化する

システムのプロキシ設定を使用してプロキシを構成する

システムのプロキシ設定を使用してプロキシを構成するには

  1. inSyncクライアント上で、「有効化」をクリックした後。プロキシサーバの詳細事項を入力するように促されます。
  2. 「プロキシ設定の構成」をクリックします。「Druva inSync」ウィンドウが表示されます。
  3. プロキシ設定を使用する場合、「はい」をクリックします。
  4. 一覧を使用してプロキシサーバを設定で、「システムのプロキシ設定」をクリックします。
  5. inSyncクライアントから認証を要求された場合、認証要求チェックボックスを選択します。認証が不要な場合、または認証がAD証明書経由の場合、このチェックボックスを選択しないでください。
  6. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  7. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  8. [保存]をクリックします。

プロキシサーバの詳細事項を使用してプロキシを設定する

プロキシサーバ設定を使用してプロキシを構成するには

  1. inSyncクライアント上で、「有効化」をクリックした後。プロキシサーバの詳細事項を入力するように促されます。
  2. 「プロキシ設定の構成」をクリックします。「Druva inSync」ウィンドウが表示されます。
  3. プロキシ設定を使用する場合、「はい」をクリックします。
  4. 「一覧を使用してプロキシサーバを構成する」で、「プロキシサーバの詳細事項」をクリックします。
  5. プロキシサーバのIPアドレスボックスで、プロキシサーバ用のIPアドレスを入力します。
  6. ポートボックスで、プロキシサーバ用のポート番号を入力します。
  7. 「プロキシタイプ」で、所属組織が使用しているプロキシの種類をクリックします。
  8. inSyncクライアントから認証を要求された場合、認証要求チェックボックスを選択します。認証が不要な場合、または認証がAD証明書経由の場合、このチェックボックスを選択しないでください。
  9. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  10. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  11. [保存]をクリックします。

PACファイルを使用してプロキシ設定を構成する

PACファイルを使用してプロキシを構成するには

  1. inSyncクライアント上で、「有効化」をクリックした後。 プロキシサーバの詳細事項を入力するように促されます。
  2. 「プロキシ設定の構成」をクリックします。「Druva inSync」ウィンドウが表示されます。
  3. プロキシ設定を使用する場合、「はい」をクリックします。
  4. 一覧を使用してプロキシサーバを構成するで、「構成ファイル」をクリックします。
  5. PACファイルがデバイスで使用できる場合、「ファイルの選択」をクリックし、ファイルを選択します。
  6. PACファイルがWPAD / PACファイル内のURLにあるWPAD URLで利用できる場合、テキストボックスにURLを入力します。
  7. 「プロキシタイプ」で、所属組織が使用しているプロキシの種類をクリックします。
  8. inSyncクライアントから認証を要求された場合、認証要求チェックボックスを選択します。認証が不要な場合、または認証がAD証明書経由の場合、このチェックボックスを選択しないでください。
  9. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  10. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  11. [保存]をクリックします。

プロキシの自動検出を構成

プロキシ設定の自動検出を使用するプロキシを構成するには

  1. inSyncクライアントで、[有効化] をクリックした後です。
  2. プロキシ設定の構成をクリックします。Druva inSyncウィンドウが表示されます。
  3. プロキシ設定を使用したい場合、はい をクリックします。
  4. リストを使ったプロキシサーバの構成で、[設定を自動的に保存する] を選択します。
  5. プロキシタイプ リストで、所属する組織が使用しているプロキシの種類をクリックします。
  6. inSyncクライアントに認証が必要な場合、[認証要] チェックボックスが必要を選択します。認証が必要ない場合、このチェックボックスを選択してはいけません。
  7. ユーザ名ボックスで、プロキシのユーザ名を打ち込みます。
  8. パスワードボックスで、プロキシのパスワードを打ち込みます。
  9. 保存をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?