メインコンテンツまでスキップ
Dummy text to avoid mindtouch from removing the blank div

Druva

新しいノートPCのinSyncアカウントへの追加

概要

inSync管理者が許可すれば、複数のノートPCを自分のinSyncアカウントにリンクさせることができます。 inSyncクライアントは、これらの全ノートPCからデータをバックアップします。 inSync Shareを利用している場合、リンクされている全ノートPCのinSync Shareフォルダ内のコンテンツが常に同期されます。

例えば、inSyncクライアントをインストール済みのWindows 8仕様ノートパソコンを持っており、所属組織から別のWindows 8ノートパソコンを割り当てられた場合、それにinSyncクライアントをインストールし、この新しいノートパソコンをお使いのinSyncアカウントに追加できます。そのため、inSyncアカウントに関連付けられた2つのデバイスを持つことができます。その両方のデバイス用のリストアデータの利用もできます。

さらにノートPCを自分のinSyncアカウントに追加するには、自分の全ノートPCにinSyncクライアントをインストールし、アクティベートする必要があります。 inSyncクライアントをアクティベートする時、既存のノートPCの1つから次のデータを選択して復元することができます:

  • 全バックアップデータ: アカウントにすでにリンクされているノートPCの1つのバックアップフォルダからデータを復元することができます。
  • システムおよびアプリケーション設定: アカウントにすでにリンクされているノートPCの1つのからシステムおよびアプリケーション設定を復元することができます。 WindowsノートPCでは、別のWindowsノートPCからシステムおよびアプリケーション設定を復元することができます。 同様にMacのノートPCでは、別のMacノートPCからシステムおよびアプリケーション設定を復元することができます。  システム設定の復元をご確認ください。

開始する前に

新しいノートPCをinSyncアカウントに追加する前に、次の内容を確認してください:

  • 少なくとも1台のノートPCにinSyncクライアントがインストールされアクティベートされていること。
  • サーバーのURL詳細を参照するため、inSyncアカウントアクティベーション電子メールをすぐに確認できる状態であること。
  • 自分のinSyncアカウントの最新パスワードを知っていること。
    • これがinSyncクライアントを有効化している最初のデバイスだった場合、有効化用Eメールに含まれているパスワードを使用します。
    • アクティブディレクトリ証明書を使用してinSyncクライアントを有効化する場合、アクティブディレクトリパスワードを使用します。
    • シングルサインオン証明書を使用してinSyncクライアントを有効化する場合、パスワードボックスを空白のままにしておきます。
  • 自分のログイン情報を使って新しいノートPCにログオンしていること。
  • プロキシサーバーの詳細を知っていること。 inSyncクライアントがプロキシサーバーを通じてinSync Masterと通信する必要がある場合のみ、プロキシサーバーの詳細が必要となります。

手順

新しいノートPCをinSyncアカウントに追加するには

  1. inSyncクライアントをインストールします。 詳細は、inSyncクライアントのインストールをご確認ください。
  2. inSyncアイコンをダブルクリックします。 [inSyncの有効化]ウィンドウが表示されます。 
  3. 適切なinSyncエディションをドロップダウンボックスから選択しま
    • お客様の組織がinSync On-premiseエディションを使用している場合、On-premiseを選択します。
    • お客様の組織がinSync Cloudエディションを使用している場合、inSync Cloudを選択します。
    • お客様の組織がGovCloudinSyncGovCloudを選択します。
    注:所属している組織が使用しているinSyncの版を知りたい場合は、管理者にお問い合わせください。
  4. 各フィールドに適切な情報を提供します。
    フィールド アクション
    電子メール inSyncアカウント用の電子メールアドレスを入力します。
    パスワード

    inSyncアカウント用のパスワードを入力します。

    inSyncアカウント用にシングルサインオン証明書を使用している場合、パスワードボックスを空白のままにしておきます。「有効化」をクリックすると、ウィンドウが表示されます。そのウィンドウ内にシングルサインオン用のパスワードを入力します。

  5. (オプション)inSyncクライアントがプロキシサーバーを通じてinSync Masterと通信する必要がある場合は、プロキシサーバー詳細の入力を求めるウィンドウが表示されます。 詳細は、inSyncアクティベーションの際のプロキシ設定の編集をご確認ください。
  6. [アクティベート]をクリックします。 有効化オプションウィンドウが表示されます。
  7. [新規デバイスとして追加]をクリックし、[続ける]をクリックします。 アクティベーション後にデータを復元するかどうか尋ねるダイアログボックスが表示されます。 [いいえ]をクリックすると、inSyncクライアントがアクティベートされます。 新しいノートPCからのバックアップが開始されます。 [はい]をクリックすると、データ復元オプションが表示されます。
  8. [データ復元元のデバイスを選択してください]ボックスで、データを復元元のノートPCをクリックします。 選択されたノートPCは、新しいノートPCと同じオペレーティングシステムが動作している必要があります。
  9. バックアップされた全データを復元する場合は、[全てのバックアップデータ]チェックボックスを選択します。
  10. システムおよびアプリケーション設定を復元する場合は、[システム及びアプリの設定]チェックボックスを選択します。このチェックボックスが表示されるのは、inSync管理者によりシステムおよびアプリケーションの設定ができるようになった場合のみです。 システムおよびアプリケーションの設定をリストアした後、ノートパソコンを再起動しなければいけません。
  11. [続ける]をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?